スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

随筆・悲しみのアリア・旅情を詠う

随筆・悲しみのアリア・旅情を詠う

我が心の故郷よ。
お前は、何処に行ってしまったのだ。
心の故郷を見失しなった者の人生は、大黒柱の無い家屋のようなもので、あまりにも頼り無げである。
詠え、悲しみのアリアを、悲しみのアリアを、人生の賛歌に乗せて。
生きるとは何んなのかを見失しなっていた、そんな時代だった。
私は、意を決めて、東北の果て、福島へと旅立った。
何の為に。
豊かさを失った福島に、せめて観光で、文学で、少しは役に立ちたかったからである。
この、ペン一本に懸けるのだ。
彼の地の良さをこの目で見、又、発見するのだ。
猪苗代町、それは、ゴーストタウンだった。
町は死んでしまったのか。
それが、延べ二日間に渡る、見学の感想だった。
車をゆっくりと走らせて、裏猪苗代へと展開してゆく。
泣くな、安達太良連山よ。
お前は男の山だろう。
男の山が泣いてどうする。
見晴らしの良い処より、やがて車は坂道をゆっくりと上って行く。
こんな所に食堂が。
私は入ってみる気になった。
「おばちゃん。ラーメン」
「ハイ、おおきに」
「どう、儲かってる?」
「まだ、あんた一人」
聞いて、絶舌しそうになった。
550円のラーメン、私一人?
そんな日が続くの?
「おばちゃん」
後の言葉が続かない。
おばちゃんは、寂しそうな笑いを見せて、
「あんた、かきたま、二つばかり油で揚げるよ。サービス。食べる?」
「うーん、大赤字なのに」
「いいんだ、いいんだ」
「ありがとう、何時か、訪ねて来る時を持てたなら」
「ああ」
流離は悲しからずや。
旅路の果てに巡り会う人々よ。
巡りあう人びとが、旅情に華をそえるのである。
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7825位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
167位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。