スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩・末来に向かって立て

詩・末来に向かって立て

作 / 白浜砂夫

人生、そう見捨てたものじゃない
過去を、背負って生きるより
過去を、超えて生きようじゃないか
この命ある限り
末来に終わりは、無いのだから

親しき友達と、別れた時も
愛する人と、別れた時も
父や母が、逝きた時も
涙は、全てを知っている

流した涙の期会と、流した涙の多さが
人を、強くも美しくも、してくれるだろう

末来に向かって立て
末来は君の為にある



平成28年11月3日、文化の日に寄せて。
『心の色』 自身に言い聞かせている詩であり、色は情熱の色。
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2673位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
69位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。