スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・女は強く生き抜いて華になる10

短編小説・女は強く生き抜いて華になる10


        短編小説・女は強く生き抜いて華になる1
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる2
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる3
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる4
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる5
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる6
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる7
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる8
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる9


煌めく星座、明治の女流作家達。永遠を生きよ。その二

季節は、ひまわりの花咲く頃。
心は、情熱の色。
詩歌人は、花と色、或いは、色と花の識別に、魂を掛けるものなのでしょうか。
「綾子さん、歌集の編纂は進んでいるかね」
「え、先生、私みたいなものが、歌集の出版をしていいのですか?」
「ああ。歌人になったなら歌集を、詩人になったなら詩集を出す。それは、当然のことなんだ」
「先生、すみません。もっと心豊かな表現を、勉強せよということですね?」
「そこなんだよ。歌集や詩集を出すということは、自身をいかに表現するかという機会に
することなのだよ」
綾子は、先生の言葉に頷いた。
教夫は、樋口一葉に惹かれて行く自身の心情を語るのである。
「文豪・吉川英治は、優れた女流作家に、『明治では樋口一葉、昭和では長谷川時雨』と言っているんだ。注目すべき考えではあると思う」
「先生、それは、時代を切り開いたという点からでしょうか?」
「そうだろうねえ。文豪は、貧乏と愛、そして苦悩の間で、強く生きたという点を評価している」
「教夫先生。先生は最近、一葉びいきになっていると巷では噂になっていますが・・・。」
「そうなんだけど、晶子には晶子の、かの子にはかの子の、一葉には一葉の持ち味がある」
「そうですね。先生、詩歌人・作家の心の海を見るということですねえ」
「心の色はどんな色かなあと、作家・詩歌人を、色分して見るのも良いと思う」
まるで、鉄幹が、白百合の君・白藤の君と、言ったように、色別でいこうと言うことであろうか。
樋口一葉の墓は、京王線と井の頭線が交差する明大和泉校舎の隣にある。
墓前には、献花が絶えない。

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 明治 文化 女流作家 文学 与謝野晶子 樋口一葉 長谷川時雨 与謝野鉄幹 昭和

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7221位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
160位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。