スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・女は強く生き抜いて華になる5

短編小説・女は強く生き抜いて華になる5


        短編小説・女は強く生き抜いて華になる1
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる2
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる3
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる4


師匠・与謝野晶子と女弟子たち・煌めく『明星』の世界・その一

北白川教夫は知らない。
それゆえ弟子の歌小路綾子も知るはずもない。
与謝野晶子の明治の女流文学界における位置の大きさを。
晶子に始まり晶子で決まると言っても過言ではない。
煌めく『明星』の世界。
それは、晶子あっての世界なのだ。
「先生、鉄幹は、自身のことを星の王子さまではない、うーんと、星の子と言っていますが」
「うん、そうだよ。星の子だよ。その星の子・鉄幹が、やがて、周囲に白い花々を増やしていくということだな」
「先生、それが、やがて、『白藤の君』とか『白梅の君』とか、源氏名のように語られるようになった日本の女学生たちの一種の伝統となり、爆発的に広がっていったということですね」
綾子の語りたい処が、わからないわけではない。
「星と花、あるいは花鳥風月は、詩歌の世界に、最も相応しい題材ではある」
と、教夫。
綾子の成長していく姿が嬉しいのである。
綾子が帰ってから、教夫の下に来客があった。
菅原通齊。
彼とは、二十数年の付き合いである。
詩歌の結社の会合で初めて会ってから、その風貌と言い、その言わんとしている詩歌論が、余りにも個性的であり、強烈であったから、尚更のことである。
「教夫君、岡本かの子さんは、ねえ」
「岡本かの子って、彫刻家一平の妻で、世に言う宗教家だろう」
「そうだろう、俺も、そう思ってきた」
「ちがうんだな、それが、和歌を始めたのが、十二歳の早熟にして、晶子の『乱れ髪』に、強烈な刺激を受けて、晶子の弟子になったんだな」
そう言ったあと、明治の女流雑誌をみせるのである。
「俺は、てっきり、そう思い込んできたけど、晶子の『乱れ髪』に、強烈な刺激を受けて、晶子の弟子なったというのは良い。早熟というのも良いな。天才はその道において早熟なんだ」
菅原通齊が語るところは、かの子が通った跡見女学校の、所謂、英才教育と、新詩社の天才教育によって花開いたということである。
ここで、ひとつ、かの子作の和歌を紹介しておこう。
『かの子、かの子はや泣き止みて、淋しげに添い臥す雛に子守歌せよ』
この歌が、發表されたとき、自分の名を歌に詠みこむとは、何事ぞ、思い上がっている、と評した歌人があったが、我が子を愛をしむ熱情がよく出ている、かの子の傑作というべきではないだろうか。

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 明治 文化 女流作家 文学 与謝野晶子 乱れ髪 岡本かの子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
156位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。