スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・女は強く生き抜いて華になる2

短編小説・女は強く生き抜いて華になる2


        短編小説・女は強く生き抜いて華になる1


愛と誇りに満ちた人生の旅、その二

人生の旅路よ、愛の旅路よ、短くも、儚い、旅路になろうとも、命の限り、強くたくましく、精一杯生きたなら、生き抜いた本地で、美しい華と詠われるであろう。
詠え、人生の賛歌を、詠え愛の賛歌を。
与謝野晶子に代表される、明治の文化、文学が追い求めたもの、それはなんであったか。
北白川教夫の小さな旅は、和歌とは何なのか、文学とは何なのか、文化とは何なのか、とまで大きくは言えないが、小さな旅を重ねて生き抜いた人生だったのであろう。
和歌、文学の世界にも、師匠は必要である。
心の師匠でも構わない。
若しかしたら、明治の女流文学が傑出しているのは、実の師匠を心の師匠と決めて、心の恋人よ、心の夫よと、思い詰めて生きた日々が作り上げた、傑作の連続であったのかもしれない。
和歌を通じて、名実ともに与謝野晶子と親友であった、九条武子。
九条武子の師匠は、佐々木信綱。
歌誌『心の花』を創刊。
愛と誇りと、愛と苦悩の中で、名作は生まれる。
教夫が舞鶴、天の橋立から、久美浜に至る少さな旅から帰って来のは、五月十五日、日曜日。
京都、葵祭りの五日前のことである。
おいてきぼりを食った、歌の路綾子の怒ること、怒ること。
「先生のこと、好きにはなれません。でも嫌いにはなれません」
「解りにくい人だね。勝手にして」
と言ってお道化たボーズをとる教夫。
「それで先生、なにを調べて欲しいのですか」
「うん、九条武子が心の師匠とも言える佐々木信綱にあてた手紙の内容の一部だが」
と言って、古書の一ぺージをみせるのである。
内容を読み上げる。

東京では、あの焼け埃りの大火災、厄災中を駈け歩るきまして忙しい思ひを致してをりましたが、
つい気の毒な方達を見ますもので、それも、自分は法悦の心持で、働かせてもらってをりました。
今日は、こうして懐かしい故郷(京都)に帰り・・・

と、心情溢れる手紙の内容は更に続く。
「先生、恋文?それで?」
「まずな、この大火災が、どんな大震災で、いつが期日なのかを特定して欲しいんだ。何事もそこからだ。出来るか?」
「そうですね・・・先生。やってみます」
こんな、会話の中でも音楽は流れる。
五月の風が連れてくる甘く切ない恋の歌が・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 与謝野晶子 文学 文化 女流作家 明治

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
86位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。