スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・鹿鳴館の舞踏会・第二楽章『主題提示』2

短編小説・鹿鳴館の舞踏会・第二楽章『主題提示』2


        短編小説・鹿鳴館の舞踏会・序曲
        短編小説・鹿鳴館の舞踏会・第一楽章『問題提示』1
        短編小説・鹿鳴館の舞踏会・第一楽章『問題提示』2
        短編小説・鹿鳴館の舞踏会・第二楽章『主題提示』1


さて、話は変わるが、鹿鳴館の舞踏会。
鹿鳴館を主戦場として、華々しい外交戦が繰り広げられたのである。
その中で、秘めたるロマンスが生まれ、やがて漆黒の闇の中に消えていったことは間違いない。
ウインナーワルツや、シャルウィダンスにも通じる名曲のリズムに乗って、秘めたるロマンスは生まれたのか。
1887年(明治20年)一月二十二日。
鹿鳴館に、我が国初の白熱電灯が灯されたのである。
夢は夜開くというべきか。
明治20年と言えば、島崎藤村が明治学院に入学し、シエクスピア、ダンデ、ワーズワーズなど、西欧州の文学に親しみ、
24年卒業、『詩人、ミルトンの妻』、『詩人、バイロンの母』の翻訳へと成長していくのである。
束の間の休日、喜一郎は書斎で明治の文学雑誌『女学雑誌』を見ていた。
同じく、明治20年、伊藤博文が、仮装舞踏会でベネチアの紳士に扮して、不埒な行いに及んだことを暴いている。
鹿鳴館の舞踏会。
外国の公使や高官と淑女達。
あるいは、政府の高官や、侯爵、伯男爵等と淑女達。
二つの結ばれた手から、秘めたるロマンスは生まれたのであろうか。
鹿鳴館も又、二つの側面をもっている。
その後、『鹿鳴館は、砂上の楼閣』と、語る人も現れてきたのである。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2997位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
72位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。