スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・恋愛学入門2

短編小説・恋愛学入門2

                    短編小説・恋愛学入門1

書斎での歌太郎と緑子の会話。
「今日の歌太郎さん少し変よ」
「変て?」
「だって、黙ってばかりで、何も話しくれないから」
緑子は、心配そうに、顔色を窺う。
「御免、御免、少し考え事をしていたから」
歌太郎は、詩集の出版の事を考えていたのだ。
詩を書くようになって、何年になるだろうか。
もう、三十年にもなるだろう。
愛と別離を重ねて、詩は作られてきたのだ。
「緑子さん」
「はい、何か」
「少し、聞いてもいい」
今日の緑子は、特に色っぽかった。
赤い唇が、盛り上がった胸が、彼に迫って来るようで息苦しくもあった。
逢う瀬を重ねるたびに、緑子は、一段と美しくなって行く。
「恋愛って言うけれども、恋と愛とは違うよねえ」
「そう、恋と愛は一緒じゃないと思うわ。でも、どうしてそんな事、聞いたりして」
「うん、そうね、思い出深き、あなたの考えを聞いてみたくたねえ」
「恋って、何て言うか、そう、淡きものなの。そよ風が頬を撫でるような。なまめかしさあるのよ」
そう言ってから、一人頷いている緑子。
「じゃ、愛はどうかな」
「濃いもの、深きものなの。それでいて、何故か重たくもある」
歌太郎は、頷きながらも、続けて問いかける。
「愛には、憎しみが伴うと思うけれども」
「そうよ、愛は永遠への扉を開く、生命のダイナミックなリズムに乗って、永久に生き続けることもあるわ」
緑子は、微笑みながら答えた。
歌太郎も、微笑みを返した。
「でも、変な人ね、歌太郎さんて。どうしてそんなことを聞くの」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7382位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
170位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。