スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・恋愛学入門1(新連載)

短編小説・恋愛学入門1(新連載)

藤原歌太郎が、詩集を求めて神田神保町の古本屋街に来たのは一週間前の事である。
そう、狂おしい程美しく激しい程に燃え上がる激情。
それを与えてくれる詩と詩集が欲しいのだ。
歌太郎は、叶うものなら初版本を手に入れたいと願っていた。
しかし、それは不可能に近いと言ってもいいだろう。
詩の一つ一つに秘められた恋と愛のドラマに、胸を締め付けられて来たのである。
作家、詩歌人としての二十五年は、その歴史の積み重ねでしかないのだ。
彼は、島崎藤村の詩集と、高村光太郎の智恵子抄を手に入れたのである。
他には、国語辞典も買っている。
吉永緑子が、彼の書斎に来たのは、それから一週間後の事である。
緑子とは、二十年来の付き合いになる。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
130位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。