スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・OLは花盛り6(了)

短編小説・OLは花盛り6(了)

                    短編小説・OLは花盛り1

                    短編小説・OLは花盛り2

                    短編小説・OLは花盛り3

                    短編小説・OLは花盛り4

                    短編小説・OLは花盛り5

ギフ・未来に希望自動車(株)編

流れ行く日々の中で、花よりもなを美しく咲く花があるとすれば、それは、貴女だ。
職場で活躍する貴女だ。
人は、それを、『この世の華』と言う。
咲き誇れ、飛騨、奥美濃に咲く、そばの花よ、リンドウの花よ、白百合の花よ。
とある日の事、
「林君、君に頼みがある。松本重役美子を乗せて名古屋へ行ってもらいたい」
と、社長は語気を強めて言う。
「社長、名古屋進出」
と、幸男。
「それもあるが、新たな部門と言う事も」
と、社長。
何か秘策がありそうだ。
幸男が松本美子重役を乗せて、岐阜の本社を出たのはそれからのことだ。
「美子さん久しぶりです。いや。いけない、松本重役」
「いいんですよ、私には」
松本美子さんとは、彼女が、恵那思い出は美し過ぎて営業所にいた頃からだ。
恵那思い出は美し過ぎて営業所は、一番の販売成績を上げた。
彼女は、カローラを売りまくった。
実力で、営業所長にまでなった人だ。
中津川は美しい、恵那は美しい。
何が美しかって、美しい心と、美しい思い出を持ってる人が一杯いる町だからだ。
恵那には、恵那狭と言う観光地がある。
美しいと言うよりは、秋色の景観の中で、憂愁と慕情が、糸を編むように美しい思い出となって、何時までも生き続けている。
それが、恵那峡なのだ。
幸男が青年の頃、あの人が乙女の頃の思い出。
二人は、澄んだ水面の中で、ボートを漕いでいた。
少し休めた手で、恥じらいながら、手を握る幸男。
あの人も、恥じらいながら、幸男の手を探した。
「恥じらいながら、それでも、それでも、恋した人の手を握りたかった。」
と、松本美子さん。
「え、同じ思い出を持っているのか」
と、幸男。
それからは、よく話ができる人だった。
年はひと回り下だけど、頭の切れる人だと思って来た。
「乙女の恋は、純情なのよ」
「青年の恋も純情なのだ」
と、車中での会話は続く。
さようなら、奥飛騨の華よ、奥美濃の華よ、中津川、恵那の華よ、花よ。
ありがとう、良き日々を与えてくれた貴女達。
幸男は、この会社を去って行くけれども、松本美子重役の活躍が、美しい思い出にしてくれるだろう。





(了)
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
147位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。