スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・砂に書いた漢字5

短編小説・砂に書いた漢字5



                                   短編小説・砂に書いた漢字1

                                   短編小説・砂に書いた漢字2

                                   短編小説・砂に書いた漢字3

                                   短編小説・砂に書いた漢字4

                                   
先生達は動いた。
一軒一軒、添削して回ったが、やはり微妙な筆の運びは、直接子供の手をとって教えた方が効果的だった。正子の筆を持つ手に、先生は手を添える。
「先生の手は暖かいねえ」
「暖かいでしょう」
「うん、お母さんよりも暖かいみたいね」
加代先生も、目頭しらが熱くなってきた。
さて、悲劇は大人より、子供の方によけい涙を流させる。なすすべを持たない子供だからこそ、余計に涙があふれて止まらないのだろう。昭和十九年十二月七日、東南海地震発生。
学校は大打撃を受けた。
(注)厳しい軍政下にあった日本、東南海地震は、アメリカ空軍の航空写真、直後の十二月十日に写した百枚の写真が残されている。場所は、尾鷲市の熊野灘の漁港。
体験者は、同年十月三十日に、大地震があった語っていたが、これは、前ぶれと捉えるべきか、二つの大地震があったと捉えるべきか、言論に厳しい軍政下では、白日の下になることは少ない。
大地震により、全ての学校は大大打撃を受けた。正子の家や、豊子おばさんの家、好子おばさんの家も、それなりに打撃を受けた。
しかしもっとも打撃をうけたのは、詩織の家庭だった。詩織の父が経営する機械工場は、壊滅した。やがて大邸宅を失い、大好きなお手伝いの弘子とも、離ればなれになっていくのである。正子は、必死になって、今はさ迷っている詩織を捜した。歩けば歩く程、地震の恐ろしさを思いしらされた。地震で割れ目に落ちて死んでいった人々。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7825位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
167位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。