スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・砂に書いた漢字2

短編小説・砂に書いた漢字2



                                   短編小説・砂に書いた漢字1

                                   
駅には、出征兵士を送る人々でごった換えっていた。
「正子、妹を頼む」
「お父さん」
「正子、強く生きるんだよ」
父は、あふれくる涙を、ハンカチで押さえた。
「お父さん、死んじゃだめだよ」
正子は、止め処もなく流れる涙を、ふこうとはしなかった。
「幸子や良子のことを頼むよ」
「出来ないよ、出来ないよ。私には出来ないよ」
「「何を言っているんだ。生きるんだ、強く強くいきるんだ」
正男は、正子の手を握りしめた。
「お父さん、、、、出来ないよ」
正子は、まるでささやく声になっていた。汽車は、出征兵士を乗せて満杯になっている。
やがて、ゴトーン、ゴトーン音がして、汽車は動き出した。プラットホームから手を出していた人々は、一歩一歩後ろに退いていく。汽車は、少しずつ、少しずつ、スピードを速めていく。正子は走りだした。
「お父さん」
叫び声は、当たり一面に流れていく。正男は、客車の窓から身を乗り出す。
「お父さん、行かないで、、、、、行かないで、、、、行かないで」
走りながら、必死で叫ぶ正子。駅員も走った。我をわすれて止めに入った。
「止めろ、止めるんだ」
そこから先は、プラットホームは無かった。
正子を抱きしめた駅員に、微笑みがあった。

明くる日、、隣家の芳子おばさんが
さつま芋を三本、持って来てくれた。正子の後ろで、隠れるように見ていた幸子や良子も、うれしそうだった。
「わぁ、大きい」
正子は言う。
「お腹一杯になるよ」
芳子もうれしそうだった。
「正子ちゃん、明日は配給の日だからね。忘れちゃだめだよ」
「はい、ありがとうございます」
正子は、丁寧に頭を下げた。
あれから十日、父が出征したときが過ぎた頃のことだった。
正子は一度も学校に行っていなかった。幸子や良子を送り出していたが、行けなかった。
「正子ちゃんいる」
そう言って、詩織が、ボロボロの障子を開けて入って来た。詩織と正子は机を並べていた。二人大の仲良しだ。さすがに詩織も、今回はこたえたみたいだ。正子は、今までも、妹の世話でよく休んでいた。学校とは縁のうすい子供だった。友達といえば、詩織と君子の二人しかいなかった。
「詩織ちゃんなの」
そう言って、正子は奥から出てきた。
「正子ちゃん、、、、元気」
詩織は、正子の顔色を見て安心した。
「正子ちゃん、学校は」
正子は、うつむいたまま、
「学校はね」
と言って、後がつづかない。
「また、学校にこれるんでしょう」
正子の顔を覗き込む。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
86位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。