スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・(大垣市)水門川9

短編小説・(大垣市)水門川9



                                   短編小説・(大垣市)水門川1

                                   短編小説・(大垣市)水門川2

                                   短編小説・(大垣市)水門川3

                                   短編小説・(大垣市)水門川4

                                   短編小説・(大垣市)水門川5

                                   短編小説・(大垣市)水門川6

                                   短編小説・(大垣市)水門川7

                                   短編小説・(大垣市)水門川8





勉強するということ、孝夫が語る言葉は、恩師の言葉でもあった。
「少しだったらいい」
「「少しだったらできる」
「うん、うん」
孝夫は大きくうなずいた。歌子は皆を見渡して言った。
「一生懸命勉強したら、そうねえ、孝夫さんにドライブに連れていってもらいなさい」
「ドライブ、ウフ、うれしい」
と、静香は騒いだ。
「ああ、いいとも」
孝夫は承託した。
「それでいつ、いつなの」
好恵が甘えてくる。
「いつかねえ」
歌子から一筋の涙が流れた。
「何時でも連れて行ってやるよ」
孝夫は、涙の訳を知ったのである。
「私、故郷に帰るかもしれない」
歌子の、インパクトのある言葉。
二人は、大きな衝撃を受けたのである。
昼間はまだ暑い日が続いているのに、
夜の秋ともなれば、心はちじに乱れて、寝られぬ夜が苦しくなる。
故郷は、父なる大地、母なる都ぞ。命ある限り消え去りはしない。
東京は、心の都であるが、心の故郷にはなれない。
東京の大学へ行って、学問の道を修めたいとは思ったが、住みたいところと思ったことはない。母、富子は、孝夫の人となりを知っているがゆえに
「そう、この子がねえ、東京にねえ。やっぱりねえ」
と、孝夫に語る言葉は余りにも寂しいものであった。
孝夫の、苦悩は深まり行くばかりであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
147位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。