スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・美しき魔性の女・最終編その2

短編小説・美しき魔性の女・最終編その2



                              短編小説・美しき魔性の女1

 
                              短編小説・美しき魔性の女2

 
                              短編小説・美しき魔性の女3

 
                              短編小説・美しき魔性の女4

 
                              短編小説・美しき魔性の女5

 
                              短編小説・美しき魔性の女6

 
                              短編小説・美しき魔性の女7

 
                              短編小説・美しき魔性の女8

 
                              短編小説・美しき魔性の女9

 
                              短編小説・美しき魔性の女10

 
                              短編小説・美しき魔性の女11

 
                              短編小説・美しき魔性の女12

 
                              短編小説・美しき魔性の女13

 
                              短編小説・美しき魔性の女・最終編その1




諏訪湖、哀愁の湖、お前は泣いているのか。
九条喜一郎は、信州、信濃の諏訪湖の湖畔に佇んでいた。
愛知県は、岩倉から大口町に流れる五条川よ。川と呼ぶには小さいけれど、清らかで、流れと共に展開する建物は、欧風のものもあり、音楽は川へと誘い、川は又、音楽を誘うものなである。
この、五条川より犬山、名古屋へと出でて、心は音楽のよう、音楽は心を移す鏡のよう。
芦ノ湖、純愛の湖、惜別の湖。涙を湖畔に沈めて立ち去ろうよ。音楽にも、リズムがあるように、湖にも音楽がある。
喜一郎がこの音楽の湖、芦ノ湖から、諏訪湖へと展開したのは、その心はどこにあったのか、安田万理子はわかっていたのであろう。
喜一郎と万理子が、上諏訪町のレストランで落ち合ったのは、科野嘉一郎先生と、秘書役の、一之瀬とあってから、半月と立っていない。
もちろん、この会談が大成功で、あったことは間違いない。
「次の会談、会食を、早急に求める」
と言った、科野嘉一郎先生の笑顔である。
喜一郎は、万理子から聞いた、秘書役の、一之瀬の、人生物語、<男のおしん物語>
に心を打たれたのである。
「テレビドラマのおしん物語より、もっと厳しい、男のおしん物語を、一之瀬さんから聞かせていただきました」
と、万理子
「男の、おしん物語、いい、いい形容だ、それも、女のおしん物語より、もっと厳しい人生物語だねえ」
「ええ、それも、この信州信濃には、ごろごろしてあるというのです」
と、万理子、後のことは又、お会いしてからと言った。
「それが信州、長野県なのか」
と、言う喜一郎。それぞれの地方、県には、歌があり音楽があり。物語があるならば。
オペラよ、オペロンよ、ワルツよ、シャンソンよ。ああ・・・ジャズだって、仲間なのかもしれない。音楽に国境はない。
<国境>だって、
「作らなくてすむものなら作りたくないのです」
と、諏訪湖の湖が、代弁しているようであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
121位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。