スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・美しき魔性の女12

短編小説・美しき魔性の女12



                              短編小説・美しき魔性の女1

 
                              短編小説・美しき魔性の女2

 
                              短編小説・美しき魔性の女3

 
                              短編小説・美しき魔性の女4

 
                              短編小説・美しき魔性の女5

 
                              短編小説・美しき魔性の女6

 
                              短編小説・美しき魔性の女7

 
                              短編小説・美しき魔性の女8

 
                              短編小説・美しき魔性の女9

 
                              短編小説・美しき魔性の女10

 
                              短編小説・美しき魔性の女11




歌は流れる、流れる歌は、思い出を重ねて、流れゆく歌の数々。
泣かないで、泣かないで、九条喜一郎よ、君に、涙なんか、涙なんかに合わない。
場所は、喜一郎の書斎。書斎の上に置かれた広辞苑と、国語辞典、そして、漢語林。
漢文の大好きな喜一郎には、漢語林が良いのだ。それからそれから、新聞の切り抜き、長い間、重ねてできた、切り抜きの山。
その机のイスに腰掛けて、原稿用紙に、短編小説を書いている。確かに、想像どうりであるが、有る時には、その前に、二-三曲歌うこともあるのだ。
蔦のからまるチャペルで祈りを捧げた日。そう、南国土佐を後にしてを歌っているあの人の、持ち歌なのだ。
「蔦の細道」、ねえ、在原業平の旧跡。駿河の国、安倍郡長田(おさだ)村、大字宇津谷。
今の静岡市、丸子区から宇津谷(うつのや)峠に通ずる、国道の南方にある小道。
伊勢物語、宇津山の条に基ずく歌枕。
「歌の小道もいいけど、蔦の細道も、良いかもね」
と、ひとり言を言っている喜一郎。蔦のからまるチャペルで祈りを捧げた日、と、またまた歌いだす。
「行ってみるか」
と、又ひとり言。喜一郎は、困った奴である、直ぐ行きたがる、本当に困った奴である。
喜一郎は家を出た。
この頃、安田万理子は、ある人と会っていた。場所はといえば、万理子が幼稚園園長を勤める、万理子の応接室であった。君の名は、と尋ねたりしてほしくはないものである。その人の名は、で十分だと思うのである、
その、その人の名は,安田浩一郎、前の夫である。浩一郎は、何の目的があって現れたのか。その微妙な笑顔のなかに隠した本心は、何処にあるのか。
よく、五条は語っていたと言う。
父母に愛されて生まれた子、愛情を一杯受けて育った子と、愛されずに生まれた子、嫌われながら育った子とは、全てにわたって、大きな差が出ると言う。万理子は今、五条の面影を浮かべながら、浩一郎と対峙していた。
「愛情を一杯受けて育ったと、嫌われて育った子とは、将来に大きな差がでますわ」
と、万理子。
「それは俺に言っているのか」
と、浩一郎。
「いえ、別に、歴史上、名を残した人物、そして、現代でも、一流の人物と言われる人達に共通するもの」
と、万理子、淡々と語るのである。それは、遠い過去の存在になってしまったと、そう語っているようでもある。
「どうせ、俺は嫌われてそだった子供だから」
と浩一郎。彼もまた、愛と憎しみの間(はざま)でもがき、苦しみながら生きてきた人生であったのだろうか。彼の顔は余りにやつれて見えた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
82位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。