スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

随筆・徒然なるがままに筆をとれば

随筆・徒然なるがままに筆をとれば

時の流れは速すぎるほど、躊躇うことなど許しはしない、人生の旅路。
ならば、勝手気ままに、憩うじゃないか、と筆をとる。
四月二十九日の休日、久しぶりに机の周りを清掃してみる。奥の書棚から、古い古い原稿用紙がでてきたので、掲載してみます。若かったんですねえ、私、そう心身ともに、だから複雑な思い出、キイボードをたたいています。ホットコーヒーを飲みながら、小倉パンを食べながら、私の〔私の、気ままにホットタイム〕

一枚目、八―九年前のものでしょうか、無修正でいきますよ、
「気ままに、ホットタイム」の森さん、こんにちは、
そして、リスナーの皆さんこんにちは、
今日も、お元気ですか??
昨日は、スカッとした気持ちよい、天気でしたね、
ユッコちゃん、シャンソンを習っていると聞きましたが、
シャンソンが、大好きな、お嬢さんだったんですねえ、
さて、シャンソン歌手の、大庭テル子さんが、
熊本童謡館の館長をしていらっしゃるというのは、
意外な感じが、しますけれども、もし童謡でも作って
いらっしゃるのでしたら、どんなにか素晴らしいことでしょうか、
忘れ去られ、見捨てられている、唱歌と、童謡の世界、
大事に守り育てて行きたいものです。
リスナーの皆さん。
心はまるで少年のように、純粋で、やさしさが満ちあふれている
あなた、あなたにしか書けない世界でもあるのですよ

ラジオネーム、砂夫ちゃん

「追伸」森さんのシャンソンのコンサート、大成功を祈っております。


二枚目、
「気ままにホットタイム」の森ゆき子、こんにちは
そして、リスナーの皆さんこんにちは、
今日も、お元気ですか
ラジオから、奥飛騨の便りが聞えてくると
懐かしくもあり、又、切なくもなります。
ああ、飛騨川にそって、国道四十一号を
北上していた、昔の私。
久久野の果樹園をみて、宮村から高山へ、
高山の町で、陣屋や、赤い中橋を見て、
古都のたたずまいを楽しんで下さいね、
古川町の、古い多々たたずまいも、捨てたもんじゃありませんよ、
最後は、せせらぎ街道へ、車を走らせて下さい
冷たく、清い、水の流れを充分楽しんで下さいね、
きっと身も心もあらわれると思いますよ。
「飛騨川の、青き水より悲しきは、我が流離に、
めぐりあいし、君なり」〔自作の短歌〕

そう、身も心も流離い続けたあの頃、
あなたに会うことさえ、つらすぎたのです。
リスナーの皆さん、今年の夏は、奥飛騨で、めぐり合うことが、
有るかもしれませんねえ、
そんな、意外性に期待もしている私なのです、

リクエスト曲、「夏の思い出」

ラジオネーム、砂夫ちゃん

これは、十年くらい前に、ラジオ局に書いた原稿用紙みたいですねえ。
関係者の皆さん、お許しの程、それから童謡好きです。作ってみたいと思い続けてきました、出来たら発表します。
「気ままに、ホットタイム」はコーヒーでも飲みながら、ひと時を、でわ又。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
10121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
232位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。