スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・美しき魔性の女3

短編小説・美しき魔性の女3



                              短編小説・美しき魔性の女1

 
                              短編小説・美しき魔性の女2




安田万里子が入院した、名東病院は、名古屋市西区の、城北、名古屋城のすぐ北にある。
名古屋、なんと悲しき声なる街よ。九条喜一郎の養母、山内富子は、この名古屋は、八事にある日本赤十字病院で、長い闘病生活を送ったのである。これは、喜一郎の生活を過酷なものに、追いやったことは間違いない。それゆえに、喜一郎は、人の悲しみや、辛さ、等など、同苦出来る人間に成れたのかもしれない。
安田万里子の父、安田善作もこの日赤病院に入院していた。二人が始めてあったのは、この、八事の日赤病院であったのだ。
さて、喜一郎は、約束の明日に送れて、明後日に、再度、名東病院に、万里子を見舞ったのである。
「万里子さん、申し訳ありませんねえ、昨日は、急用が入ったもので」
「ううーん、こちらこそ。喜一郎さんは、忙しい人だから、反ってこちらの方が、恐縮しますは」
と、万里子。その言葉は、流れるような静かさ、静かさの中に秘めた一途さ、それでいて、相当の教養を積んだ、言葉の数かず。
「言葉は、うそを吐かない」
と、喜一郎の独り言。
「え、何か言われました」
と、万里子。その瞳は煌めいていた。
「独り言ですけれども、語る言葉には、教養の有るなし、人格の優れているか、いないか見えてくるものなんです。そう思わずにはいられないのです」
喜一郎はいったあと、万里子に見舞いの果物篭を差し出すのである。
「喜一郎さん、本当にありがとう」
と、万里子。こぼれくる笑顔。それはまるで、今日の日本晴れの空に似ていた。
それから、数日が過ぎて。
病室から見る空が、やけに眩しい午後のことであった。万里子は、心の命じるままに歌っていた。〔めだかの学校は川のなか、だれが生徒か先生か、みんなでお遊戯しているよ〕
その声は明るく弾んでいた。前日に、個室から大部屋に移っていた。万里子は、何故か気が楽になっていた。
「まあ、懐かしいわ、子供の頃に帰えったみたい」
と、同室のお婆さん。嬉しそうに言うのである。
「御免なさい、迷惑だったわね?」
「ううーん、良いの、何か歌って」
「歌っていいの?じゃ、歌っちゃうわ」
万里子は歌う。過ってとった杵柄、若き頃は、保育園の先生をしていたのだ。
〔兎追いしかの山、小鮒つりしかの川、夢は今も巡りて、忘れがたし故郷〕
「まあ、懐かしい、懐かしい」
と、手を叩いて喜ぶのである。
「まあ、おばあさんたら、まるで私のお母さんのよう」
「そうよ、お母さんよ」
と、答える声は、お婆さんの若き日々の声であった。故郷よ、それは、心の故郷か?それとも生まれ育った故郷か?二人の胸の内を掠めたものは。
万里子は、故郷には帰らないだろう。帰りたくないのだ。
〔故郷は遠きにありて思うもの、そして悲しく歌うもの〕とわ、太宰治の名文である。
それが、万里子の故郷なのであろう。
では、この御婆さんにとっての故郷は?
九条喜一郎は、異質の作家である。その人が、何処に心の故郷を持つか、奥底は何処にあるかを、最重要視するのである。彼にとって万里子が、心の片隅に残っていたのは、合うべきものに合っていたということであろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
86位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。