スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・君に心は届いたか9

短編小説・君に心は届いたか9



                              短編小説・君に心は届いたか1


                              短編小説・君に心は届いたか2


                              短編小説・君に心は届いたか3


                              短編小説・君に心は届いたか4


                              短編小説・君に心は届いたか5


                              短編小説・君に心は届いたか6


                              短編小説・君に心は届いたか7


                              短編小説・君に心は届いたか8



時は来たというべきか、時が来たことを悟ったのであろうか、
孝夫は思い切って自身の心情を主張してみた。主張したと書くより、吐露したと書くべきであろう。手紙を書くペンにも力がこもる。

我が恋しのマリー、我が憧れの君、私のマドンナのマリー、あなたは、私の希望の星でした。
自身の生き様や、将来に対する希望が持てなくて、悶々とした日々を送ってまいりました。
その為に、そのことによって、多くの人達、取り分けて家族や、友人、親しい人達を苦しめたか知れません。きっとそうだと思います。
このような中で、あなたは、私の心の内に、彗星のように登場して来たのです。
あなたは、私を弱い人間から強い人間に変貌させてくれたようです。
人は、新たに希望の人生を生きて行くには、飛び越えていかねばならない大きな溝があるものなのです。そんな難事も、勇気を持って渡っていけそうです。あなたは私に勇気を与えてくれました。あなたの持つ魅力に酔い痺れた日々、さようなら、恋しのマリー、さようなら、わがマドンナのマリー、これが最後の手紙になるでしょう。
そうですね。マリーと私、二人が会う機会が許される日があれば、いつの日か、二人はテレビ局のスタジオで会いましょうね。それは、又、あなたがテレビ局で活躍していることを意味しているのです。ラジオからテレビへ、そんな奇跡みたいなことをといってこまらないでくださいね。だって私は、未来向かって飛び出していこうと決めたのですから。
未来は、想像を超えた世界であってもいいのではないでしょうか。二人が想像を超えた活躍をしている。どうか、どうか、私にテレビ局の番組の中で、ありがとうマリー、の一言を言わせて下さいね。

孝夫より
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7789位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
174位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。