スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・君に心は届いたか6

短編小説・君に心は届いたか6



                              短編小説・君に心は届いたか1


                              短編小説・君に心は届いたか2


                              短編小説・君に心は届いたか3


                              短編小説・君に心は届いたか4


                              短編小説・君に心は届いたか5



続けて孝夫は、私小説のなかで、
〔私は、絶望の果てに、奇跡が起きることを知ったのである。あの時息子に、
激励の言葉を掛けてやることが、出来たならば、立派な父親だったと思うのである〕

あれから一つの季節が過ぎてゆくのであった。
年月は改まってゆく。
花といえば水仙の花。
寒さにも耐え、雪に埋もれて美しい花弁を開き、芳香を放つ花。雪中花とも呼ばれ、
人の世の生様を代表する花として、室町時代から珍重されているのだ。
〔人生の冬〕とは成功を掴んだ者、奇跡を掴んだ者にとって、必然であったと覚知しなければならない。
孝夫が、甘木真理子に送った手紙の数々は、三十はゆうに越えたであろう。もっとそれ以上になっているかもしれない。手紙に籠めた熱き思い。それを文華のなせる業といえるなら、孝夫は相当な筆力があったというべきであろう。ここに、ポイントがある。
さて、孝夫はというと、小学校で図書委員を、中学校では、図書委員と放送委員をしている。
そうそう、中学一年の頃のことだ。国語を担任する先生の進めで、自由詩を発表している。
詩は、孝夫の言葉で、昼食時の放送室から流れていった。
この事は、相当の評判をとったのであった。
孝夫は、会社勤めをした後、古物、古本屋を始めている。
どうも、会社勤めは合わなかったようである。そして年月は流れていったのである。
さて、文化の中心といえば東京。
そのバロメーターになる古本屋街は、東京には三つあった。
文化の華が漂う、神田神保町、本郷、早稲田の町である。
孝夫は、東京への出張には、古本市開催の時を選んでいる。
茶つかりしているところもある。孝夫は、常々望んでいたことがある。
その街の名物店主に会って、文学とは何か、是非教えを請いたいものであると。
やがて月の末日も近くなると、残った赤の数字に顔色を失うのである。
「今月も、駄目だったか」
と、溜息。孝夫は、金儲けができると思って古本屋を始めたのではない。
孝夫は、商売には向いていないのだが、自身はそれがわかっていない。止むに止まれぬ事情によって店主なった者たちが多いのである。
そのなかでも、学問に対する情熱とか、文学に対する愛着があったのであろう。それでも成功しているということは、商売は割り切ることも必要なのかもしれない。
さて、甘木真理子の人気はというと、上昇カーブを描いているようだ。
それは、文庫本の、ベストセラーに例えるならば、番外の十一位辺りから、五位くらいのところ入ったようなものである。真理子にくる、メール、手紙、フアックス、の総数を推測、推計してみるのである。一位は安倍香織、やっぱりだと思う。二位は石田繁子。
石田繁子の、〔聞いてお願い、石繁と共に〕は大変評判になっていたのである。新聞の論評も大変好意的である。三位の小野寺文子共々、単独の番組を持っているのが強味なのかもしれない。
二月三日は節分の日。
思い出せば昨日のように蘇ってくるのである。
孝夫は、二十四歳の時に大病を患っている。
家にいて急に倒れたのである。それも、生死の間を二十日間さ迷ったのである。
何でも脳の内出血によるもので、病名は解からないままであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
80位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。