スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

随筆・葉牡丹の花を買う季節がやって来た

随筆・葉牡丹の花を買う季節がやって来た

小春日和の日々が過ぎて、寒さが、一段と厳しさを増す頃となりました。
もう少しで、冬、師走を迎える時が来ましたね。冬は好きな食べ物が、一杯あります。
俳句の季語にもある、湯豆腐、汁粉、鍋焼きうどんなど。
それから、ズワイガニを湯でて、熱燗の日本酒を、ちびりちびりと飲む。これを私は、ささやかな贅沢と言っています。
此れくらいの贅沢しか出来ない私なんです。
それから、そうですねえ。花といえば葉牡丹、葉牡丹を、冬、師走を迎える前に買います。
これは毎年のことです。どうしてかというと、新春を迎えるより、師走を迎えるほうが大変なんです。資金繰り、支払いのピークがこの頃に来るのです。もう二十年以上続いています。ここを越えれば新春は自ずと来ると、がんばってきたのです。
白、黄色、紫紅、鮮紅、淡紅色の、アブラナ科の一年草。小さな葉牡丹を買って、新春に、大きくなった花に、こう語るのです。
「お花さん、お花さん、ありがとう。また、私にも正月が来ましたよ」
語る言葉に、花は答えてくれませんけれども、大きく育ったことがなによりの返答だと思っているのです。
「冬来たりなば、新春遠からじ」
心は、センチメンタル。
もうすぐ、葉牡丹の花を買いに行きます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【随筆・葉牡丹の花を買】

随筆・葉牡丹の花を買う季節がやって来た小春日和の日々が過ぎて、寒さが、一段と厳しさを増す頃となりま

まとめ【随筆・葉牡丹の花を買】

随筆・葉牡丹の花を買う季節がやって来た小春日和の日々が過ぎて、寒さが、一段と厳しさを増す頃となりま

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
86位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。