スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・学級委員長物語10

短編小説・学級委員長物語10


                                 短編小説・学級委員長物語1


                                 短編小説・学級委員長物語2


                                 短編小説・学級委員長物語3


                                 短編小説・学級委員長物語4


                                 短編小説・学級委員長物語5


                                 短編小説・学級委員長物語6


                                 短編小説・学級委員長物語7


                                 短編小説・学級委員長物語8


                                 短編小説・学級委員長物語9




今日から三月という、一日の午後、
皆が帰った後の教室でのこと、幸治と花恵ちゃんと対面していた。
花恵の家は、この地方一の資産家であり、父は今、海外の大学で、講師をしていて家にはいない。
「幸治君、お願いがあります」
「なんですか、花恵さん」
「私を、午後の部の主役に変えてください。どうして広子さんが午後の部の主役なんですか」
この劇の主役は、何といっても、スチュワーデスを目指す、少女の役だろう。
ついで、海外での日本語教師をめざす、少女の役だ。
男子では、英語教師の役が、花形といっていいだろう。
花恵ちゃんは、午前の部の主役だった。
「それは、皆で決めたことなんですよ。無理を言うなんて花恵ちゃんらしくない」
冷たく言い放った幸治。
「だって、お母さんが、見に行きますと言ってくれたから」
花恵は言った後、泣き出してしまった。
お母さんというのは、名家のご夫人によくある、多数の役職を引き受けていて、花恵を省みる余裕などなかった。
「お母さんがきてくれるの」
「ええ」
「いくら、花恵ちゃんの頼みだといっても、それはできない」
幸治の胸は痛んだ。
急に変更したら、きっと収まりがつかなくなってしまうだろう。
幸治には、充分想像できたのである。
「もういい、山本君なんか、大嫌い」
花恵は、涙を拭きながら、教室を飛び出していった。幸治の視線は、窓越しから花恵の
行方を追っていたのである。

三月といえば、ひな祭り。
女の子の節句だ。寒さも少し和らいだその日の午後。
体育館には、午前の部と、午後の部メンバーが、集合していた。
各部が、それぞれの練習成果を競うことになっていたのだ。
そこには、ピーンと張った糸のような、雰囲気があった。
幸治と雪夫。それに裏方のメンバーは、イスに腰掛けて見学した。
「今日は、お邪魔していいですか」
ドアの開く音がした。PTA会長の谷川さんだ。
「どうぞ」
幸治は、戸惑いながら、イスを差し出した。谷川さんといえば、コスモス組の学級委員長、一郎のお母さんだ。
「リンドウ組の、生徒さん達は、先生が入院なさってらっしゃる大変な中、力を合わせてがんばっているとのこと、会員の皆様から聞きました。立派なことです。今日は、激励にまいりました」
谷川さんの、暖かい微笑みに、ホットしたメンバー達。
「どうもありがとうございます」
幸治は、深々と頭をさげた。
「大結集をしなければいけませんわねえ。ホッホッホ」
「一生懸命練習します」
「がんばります」
雪夫も、昭夫も、会長さんの元に駆けつけて頭を下げた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
179位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。