スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・永遠の処女5

短編小説・永遠の処女5


                                         短編小説・永遠の処女1

                                         短編小説・永遠の処女2

                                         短編小説・永遠の処女3

                                         短編小説・永遠の処女4



水平線の果てまで、光のオブラートに包まれて、まるで眠っているような海よ。
「誘い過ぎじゃないいか」
「だって好きなんだもん」
あっけんからんという。
「そんなこと、女の子から言うもんじゃないよ」
「あら、どうしてなの」
「、、、、」
口ごもる孝夫。
「孝夫さんだって、何時も付いてくるじゃないの」
「俺は、付いて行くんじゃない」
真海は笑い出した。
「お前が心配だから、守っているだけだ」
真顔で言う孝夫。真海はとうとう噴出してしまった。
「人間って、何てちっぽけな存在なんだろう」
自身に問いかけるように言う孝夫。
海は果てしなく広かった。
「うーん。違うの。海を抱いている光。あの光のようなものだと思うの。人間の生命・生命体・魂魄って」
笑顔が眩しすぎる真海である。
「海を抱く?本当に不思議なやつだ」
「あら、孝夫さんだって不思議な人よ」
真海は彼の手を握ろうとしていた。
イヤイヤをしながら、逃げるポーズをしてみせる。それを追いかけるポーズとる真海。ふくれっ面をした真海の顔がどこかかわいくてならなかった。
日々を重ねていく。時間はといえば昼休みの職員室でのこと。
「ねえ、北原先生」
「ハイ、由美子先生。何か」
確認を求めるかのように、
「真海さんの、手作りのお弁当が、相当評判になっていますねえ」
何しろ、真海が弁当を作って孝夫に渡す日には、男子生徒が二人を取り囲んで、わいわいがやがや、にぎやかなこと。真海はそれを嫌がるどころかたのしんでいる。
「だって、作ってあげたいんだもん」
それを言うと、
「だって、作ってほしいんだもの」
と、合唱する男子生徒たち。
ため息が流れる。
「見た目も良くて、きっと美味しいんだ」
北原先生の羨ましそうな声が、由美子先生には腹立たしかった。
「俺も言っちおうかな。だって、作って欲しいんだもん」
「先生ったら、もう」
北原先生は、真海が愛おしくてならなかった。美人のくせに、変に気取ったところがない。それどころか、誰にも気さくに声を掛けてくるから、誰も憎まない。
元気の無い時のクラス委員の和夫に、
「和夫さんが、心配で心配でたまらないの」
と言われた分には、和夫、そのまま廊下に屁たりこんでしまったのである。
「俺も、和夫みたいに、せんし甘ったるい声で言われてみたい」
「北原先生もどうかしている」
馬耳東風である。
「いいですか、先生」
「はい」
「学校がまるで、二人のままごと遊びの場所になっているんですよ。そこのところ分かっているんですか」
「ママゴト遊びの場所ですか、いいこと言いますね。由美子先生は」
北原先生は、真海という生徒をよく理解していた。何と言っても不思議な女なのだ。計りしれない奥深さを秘めているのだ。真海にとって、彼と愛を育む場所が、たまたま学校だったということに過ぎないのである。
「もし、私と由美子さんが愛し合うようになったら、そう職員室は二人の愛の巣になりますね」
「そうですわねえ」
「それを、由美子先生はいけないと言うなら、私は由美子先生を嫌いになります」
彼女をみつめたまま動かずにいる。
「まだ愛しても下さらないのに、先に嫌われてしまうなんて」
とうとう、愚痴を言ってしまったのだ。

そして、季節は巡り、また秋がやって来たのである。秋の運動会と言えば、何といっても
パン食い競争に、二人三脚リレーであろう。
和夫を始め、心ある者達は、真海とのツーショツトを願っていた。
パン食い競争では、孝夫と幸子が、和夫と真海がペアを組むことになった。
二人三脚リレーになると、真海は北原先生と、孝夫は由美子先生とペアを組んで走ったのである。
北原先生と、由美子先生の飛び入りの参加は、相当のブーイングを受けたのである。
特に、北原先生へのブーイングは異常であった。
先生は、厚かましくも、真海との手を高々と上げてガッツポーズをするのであった。日程は順調に消化していった。
真海はまるで、全日程の終了を見届けるかのように、目眩をして倒れてしまったのである。
茣蓙の間で休ませようとするクラスメイト。孝夫は抱きかかえるように、職員室に向かった。心ある者達が心配そうに付いて行く。由美子先生は、保健室に戻って休息できる準備にとりかかった。
「真海、大丈夫」
と声を掛ける幸子。心配そうに顔色を伺う和夫。由美子先生は、冷やしたタオルを頭部にあてがうのだった。
「ウ、、、ウ、、、」
言葉にならない声が不安を増大させていく。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【短編小説・永遠の処女5】

短編小説・永遠の処女5                                         短編小説・永遠の処女1                     ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7825位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
167位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。