スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来短編小説・左大臣様はミュジックがお好き4

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き4


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き1


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き2


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き3


さて、富山の局の愛しい人はいったい誰であったのか。
それは後の事としておこう。
ネルソン秘書官長も、話題の多い人と言ってもいいだろう。
蔦の太政大臣の秘書を兼任する、ヨーロッパ州はイギリス国出身である。ネルソン提督。
確か三世紀も前に活躍したイギリス海軍きっての偉人、ネルソン提督の末裔だと喧伝されているのである。その事は定かではないが、歴史の流れは本当に速く、あっという間に、忘却の彼方に押しやってしまうものなのである。
「ネルソン秘書官長の狙いは?」
と紅梅の右大臣。
「もしかしたら、大地球連合の海軍創設でも言い出すのでは?」
と太政大臣。
「まさか、女性ですよ」
と紅梅の右大臣。
「まま、私に」
と言って、右大臣を下がらせたのである。ネルソン夫人を部屋に呼ぶ。
「プライベート」
と言いながら、椅子に座らせる。
「歌曲(うた)は如何ですか?」
と太政大臣。
それに答えて、
「歌曲、言葉に譬えてみれば、オペロン、私は(妖精)、真夏の夜の夢に見る乙女の如し」
とネルソン夫人は歌う。
ちょっとオーバーな、ちょっと飾り過ぎのような、そんな乙女ではある。
「ベーリーグー」
と手を叩く太政大臣。悲しいほどに、ネルソン夫人に気を使うのである。
ちなみに、ウエーバー作曲のこの歌劇は一八二六年ロンドンで初演されている。
長い歴史に耐えてきたものこそ名曲といえるのだ。
花に例えるならば、(芍薬)花言葉は(はにかみ)。ネルソン夫人が???
現在の品種は(夕映え)。イングリッシュ語では、(プリンセス、マーガレット)である。
どこかに、乙女の初々しさを残しながら、愛する人の為なら、例え死んでも構わないと、そう思い詰めるほどの激情がある。それでいて、何故か、狂おしいほどの、可愛らしさを持っているのである。信じられない、信じられない。ネルソン夫人は、狂おしいほどの可愛らしさと、マーガレットの様な、貴公女の貴品さを讃えているのでしょうか?

さあ、世界同時中継も、可能な時代になってきたが、民族には民族の伝統や習慣があり、例え、極端に少ない民族でも、最上の、対応をしてあげるのが二十二世紀と言うものなのである。
まして、ミュージックは、世界の人民と人民を繋ぎ、民族と民族の融和をはかる、そう、魔法の芸術、文化でもあるのです。
さあ貴方も、貴女も、全ては世界の平和のために、と口ずさみながら、歌曲か歌劇、あるいは、民族歌舞伎や時代の流行歌の原作や作詞をしてみて下さい。相すれば、貴方の予想する以上の名作が生まれる事は間違いありません。なぜって、それは『全ては、世界の平和のために』お役に立ちたいと心を定めた決意に、ミュージックが微笑みを返してくれるからだと思います。
左大臣様も大変ですねえ。
前書したような、エッセイを書いて事務局に差し出していたりもするのです。
さて、左大臣様がエッセイを書いている頃、スイスの国は、音楽の都、ウィーンでは、連日、ウィーン管弦楽団による、ウィーンナーワルツのコンサートが行なわれていた。
それはまるで、不夜城のごとき、煌びやかさだあった。
駆けてくる足音がした。
「左大臣様。それはまるで、不夜城の如き盛況さであった、との報告がありました」
とワルツの太政官。
「良きこと、良きこと」
と左大臣様。
「そこで、ここはひとつ、大歌劇(オペラ)場を、三~五ぐらい作って、スイス人の、文化を愛する心、ミュージックを愛する心に応えたいと思います」
とワルツの太政官。
「うまい。君は話の持って行き様が、実に上手い」
と左大臣様。
「では」
「勿論、充分に検討に値する報告ではある」
と左大臣様。
左大臣様の脳裏をよぎるのは、御先輩方の御言葉であった。
「何しろスイスは、永世中立国だからなあ」
と語る言葉である。
「わしも、これからは、どっち付かずで行きたいものだ。如何も、引きずられる所がある」
と呟くのである。
「今、何か言われました」
とワルツの太政官。
「いいや、中立性について考えていた所であった」
「中立性ねえ」
とワルツの太政官。怪訝そうな顔をするのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7382位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
170位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。