スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・女は強く生き抜いて華になる12(了)

短編小説・女は強く生き抜いて華になる12(了)


        短編小説・女は強く生き抜いて華になる1
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる2
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる3
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる4
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる5
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる6
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる7
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる8
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる9
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる10
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる11


時代を越えて、名花はスターであり続ける。その二

名花、一葉は『文学界』同人達から、フロンテと呼ばれていた。
上田敏・星野夕影・戸川秋骨・島崎藤村・馬場胡蝶・平田秀木・等ら、当代の一流作家達は頻繁に、一葉の家を訪れていたのである。
『たけくらべ』は明治二十八〜九年、最初は『文学界』に掲載されたことを忘れないでもらいたい。
ここで、『博文館』も動いた。
明治二十八年九月、『にごりえ』を掲載した『文芸倶楽部』の発行元は博文館なのだ。
『ゆく雲』他紙に掲載された『たけくらべ』など再掲載。
博文館は、日清戦争時に『日清戦争実記』で実積を伸ばすのである。
『十三夜』『やみ夜』が載った、同年十二月の『文芸倶楽部』臨時増刊号は、口絵に、一葉ら女性作家の肖像写真を掲載。
その反響はすざまじく、新しい時代の到来を予想させるものであった。

さて、季節は、初夏から、盛夏、やがて立秋へと変わっていくのである。
花は、白きリラの花から、ひまわりの花へ、やがて高原に、白百合の花や、リンドウの花が咲きほこるであろう。
教夫先生の応接間は花の写真が、額縁に入れられて多々、飾られている。
それは教夫先生の文学観なのであろう。
名花とだぶらせて見る、明治女流作家達の活躍。
そこに文学界に、新しい時代が来たことを、まるで喜んでいるかのようである。
「教夫先生。安達太良山の見学から帰って来ました。」
「おう、お帰リお帰り、それで?」
「先生が見た安達太良山は、『男の山だ。男のに生きる忍心を語っている山だ』と言ってましたね」
綾子が、高村光太郎の詩集『智恵子抄』の詩歌の故郷を巡る旅から帰ってきたのは、明日は立秋という日のことであった。
教夫先生は、常々、詩歌には、一人一人が、違う見方になっていいと言っているのだ。
むしろ、その差異を、容認することが、日本の文学界の奥深さであり、千年の歴史に耐え抜いた実力でもあると思えて
くる。
さようなら、に生きた智恵子よ。
智恵子あっての猪苗代湖であり、智恵子あっての安達太良山なのだ。
「さようなら、智恵子さん。私もに生き、に殉ずる人生にしたいと思います」
と、それが綾子の感想なのであろう。


(了)



読、熱く御礼申し上げますと共に、各地方にも、名花、明治を代表する女流作家が存在したことを、存じてはおりましたが、掲載できなかったことを、お詫びもうしあげます。
白浜砂夫
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 明治 文化 女流作家 文学

短編小説・女は強く生き抜いて華になる11

短編小説・女は強く生き抜いて華になる11


        短編小説・女は強く生き抜いて華になる1
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる2
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる3
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる4
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる5
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる6
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる7
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる8
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる9
        短編小説・女は強く生き抜いて華になる10


時代を越えて、名花はスターであり続ける。その一

さて、三人の話題になっている樋口一葉。
半井桃水からみた一葉はどうであったか。
『非常に年寄りめいて帯も、それに、適当に好み、頭の銀杏返しも、余り濃くない地毛ばかりで
、小さく根下りに結った上飾というものが更にないから、大層寂しくみました。』
ということである。
これを、長谷川時雨から見ると、
『蕗の匂いと、あの苦味。お世辞気のちっともない答えへだ。四月のはじめに出る青い蕗のあまり太くない、土から摘みたてのを、歯にあてると、いひようのない爽やか薫りと、ほろ苦い味を与へる。その二つの香味が、一葉女史の姿であり、心意気であり、魂であり、生活であったような気がする』
と、書きのこしている。
さて、もう一人の一葉フアンである。
「教夫先生、伏見宮孝麿様が見えました」
と、急ぎ応接室に招きいれるのである。
「これは、これは、大伯父様。如何なされましたか」
「うーん。教夫君が、一葉びいきになったと執事から聞いたもんでな」
「ええ。名花は時代を越えて、私たちに語りかけてくれるものがあると思います」
伏見宮は、一葉が、十四歳の時、中島歌子の萩の舎塾に入門して、和歌・和文を学び、やがて、小説は、半井桃水から教えを受けたこと等を語るのである
「十四歳、早熟の天才それとも、師の中島歌子が、優秀であったか」
「両方だ」
一葉は、生活困窮の中で小説家を志し、明治二十五年から、文芸雑誌『都の花』『文学界』『文章
倶楽部』などに寄稿するのである。
明治二十七年暮れから、『大つごもり』『にごりえ』『十三夜』『わかれ道』『たけくらべ』を書きあげる。
「その一葉、二十四歳で亡くなっている。小説が文壇で高い評価を受けるのと同時進行で、死が一葉を襲ったのだ」
「花の命は短くて」
「そうだ。その悲劇性が、またいいのだ。それに、極貧のなかで、よく書き上げたものだ。」
「一葉のこと、益々、好きになりそうです」
「やめておきな。一葉も恋人がいた。半井桃水だ。男前だったし、お前の相手ではない。」
と言って、架か、笑い出す、孝麿様。
これ程、愛された、女流小説家も珍らしい。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 明治 文化 女流作家 文学

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7789位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
174位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。