スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

随筆・詩歌は貴女を美しくする

随筆・詩歌は貴女を美しくする

私は、永遠のロマンの世界へ貴女を誘う。
貴女も、詩歌を作ってみませんか。そう、見る、聞くだけではいけませんよ。
作る事に意味があるのです。作るという作業によって、脳が活性化するのです。
頭が活き活きしてきたら、次は心も生き生きしてこようというものです。
山河を見詰め、銀河を仰ぎ、花鳥風月の、叙情を歌い、愛と恋と、純心の、叙事の世界に身を置いてみようよ。
詩歌は、原始宗教であった、原始哲学であった。全ては詩歌から始まる。
詩歌を作ることは、一流の宗教学者、哲学者の道を歩んでいる事でもあると、
いうのが、私の論理なのです。求めずして、これを得するとは、このことだと思います。詩歌の奥深さを知り、やがて、宗教の奥深さを知り、哲学の奥深さを知ることになるでしょう。心が豊かで、美しくなれば、やがて身も美しくなろうというものです。
永遠のロマン世界を歌い、この偉大なる地球も、私の為にある、と言い切れるのも、
そう、詩歌の奥深さゆえだと思います。
詩歌をつくった後は、朗読してみましょうねえ、歌ってみても、良いと思います。その時貴女は、一流の歌手になっていることでしょうね。踊りながら歌ってみるのも良いかもしれません。永遠の永遠を信じ、永遠のロマンの世界を夢見るとき、貴女が余りに美しく見えてくるのです。

平成二十六年九月二十一日深夜作
スポンサーサイト

これからの予告を

これからの予告を

短編小説・美しき魔性の女・最終編、掲載、
新編、短編小説、構想終了、十月一日より、原稿用紙にて執筆、順次発表いたします。

新本、出版いたします。十一月初旬より、発売予定。
文芸誌、純情に続く、第二段、こうご期待くださいますように。
今までに発表したものから、選んで、編集に入りました。愛読、厚く厚く、御礼もうしあげます。

九月十三日土曜日、今再びの思いを込めて、行動を開始いたしました。

これからの予告を

これからの予告を

短編小説・美しき魔性の女・最終編、掲載。
新編、短編小説、構想終了、十月一日より、原稿用紙にて執筆、順次発表いたします。

新本、出版いたします。十一月初旬より、発売予定。
文芸誌、純情に続く、第二段、こうご期待くださいますように。
今までに発表したものから、選んで、編集に入りました。愛読、厚く厚く、御礼もうしあげます。

九月十三日土曜日、今再びの思いを込めて、行動を開始いたしました。
プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2673位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
69位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。