スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・(大垣市)水門川5

短編小説・(大垣市)水門川5



                                   短編小説・(大垣市)水門川1

                                   短編小説・(大垣市)水門川2

                                   短編小説・(大垣市)水門川3

                                   短編小説・(大垣市)水門川4





月日は百代の過客にして、行き交う人もまた旅人なり。
孝夫、君は今は、旅人なるか、美濃の大地よ、野に咲く花はレンゲ草。幼き頃につみし花だよ。
美濃の平野は、何処まで行っても、レンゲ畑が続いている。まるで紅紫色の海を見ているようだ。陽射しの暖かな日曜日ともなれば、あちらこちらで、花摘む乙女たちが見うけられる。歌子や、静香。好恵がこの地に来て、最初に摘んだ花も、レンゲ草だった。
さて、この地方の産業はというと、何といっても紡績業が盛んなことであろう。
何故、この地に紡績工場が集まり、発展していったかというと、
清んだ河川と、豊富な地下水が存在していたからである。
当時、紡績工場は、新たな対応を迫られていた。若い女性の人材確保という難問である。
戦後の、食料難の時代を乗り越え、人々に安定と余裕の出てきた時代である・父母達は、段々、教育に力を入れるようになったのである。子供達を、義務教育でない高等学校に入学させるように、なってきたのである。孝夫が中学校に在籍していた頃からだ。当然、義務教育ではないから、入学選抜試験があった。これがむつかしい。二日間に渡って、九科目で行われた。又、当時、私学は少なく、この地方でも、一校しかなかった。比べて、県立高校の学費は、格段に安かった。
孝夫と歌子の、喫茶店での会話。
歌子、コーヒーカップをテーブルに置いて
「高校へはいったの」
「行った、君は」
「私、私は中学校をでて、直ぐにこの町にきたは」
「皆んな、そうしたんだろうね」
同意してみせるのである。
「高校はどこで学んだの」
「県立高校だ」
「じゃあ、成績が良かったんだ」
歌子、感心するのである。
「まあな」
微笑んだときの彼って、素敵に思えた歌子であった。時代は、教育のレベルアップへと、動いていたのである。紡績業界では、広く全国から若年労働者を確保するために、昼夜三部制の、定時制の高校を創立したのである。定時制だから、四年間学ぶことになる。紡績業界独特の、三交代勤務に合わせて作られた高等学校なのである。
これは、大きな宣伝効果があったようだ。父母たちは、安心して娘達を送り出したことはまちがいない。指導者達は、時代の流れを、読み解いたのである。

根からも、入学してきたのである。学校の駐車場には、会社専属の大型バスが、常時乗り入れられていた。
静香と好恵は、この定時制の生徒でもあったのだ。
この学校は、次に来る時代と共に消えて行き、市内に、初めての大学が作られ、今に発展していったのである。
この働きながら学ぶということは、なかなか大変だったようである。
女子寮の室長であった歌子は、どんな努力をして彼女達を、学校へ送り出していたのであろうか。歌子は中学校しか出ていなかった。それは、貧しさゆえである。しかし、時代に助けられた面もある。
「中学校を出たら、働きに行くのが当たり前だったからよ」
歌子の言葉に間違いはない。デートにかかる出費、困らない孝夫は恵まれていたというべきであろう。心の中に芽生えた恋心。埋められ溝、堀ならば、埋めてしまいたいのである。
時は流れて、水を張っただけの田が、やがて植田に変わってゆくのは、見ていても楽しいものである。農村では、女性が総動員されるのはこの頃である。
紺絣に紅襷をかけ、手甲、脚絣をつけ、手拭いで包んで、頭に田植笠をかぶった早乙女がなれた手で植えてゆくのである。
田植が終わった田を植田といい、風に戦いで揺れる水面の苗は、あまりにも美しい。
孝夫は、車を止めて、見詰めたままであった。早乙女、それは小女の頃の歌子であり、将来の歌子でもあろう。孝夫には、そう思えたのであろう。
歌子は助手席から見詰めていた。
スポンサーサイト

詩・チューリップの花のように

詩・チューリップの花のように

愛して、愛されて咲く
チューリップの、花のように
あの人を。愛したことに、後悔などありません
まして、あの人に、愛されたことは、無上の喜び
ああ、、、天上に咲く花のよう
ああ、、、永遠に咲く花のよう
わが心の中に、咲き誇る花よ
あなたと
チューリップの花のように
煌めいている

平成二十六年四月二十四日朝・作

歌詞・ラ、ラ、ラ、、、君が好きだよ〔再掲〕

歌詞・ラ、ラ、ラ、、、君が好きだよ〔再掲〕

ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、
君が好きだよ、今もすきだよ

ラ、、、ラ、、、ラ、、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、
溢れる涙、愛しい募り
嘆きの川に、溺れたままだよ

ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、
君が好きだよ、今も好きだよ

ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、
飛んでおいでよ、そして聞きたい
伝えたかった、心の内を

ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、ラ、、、
君が好きだよ、今も好きだよ


平成二十四年十月ニ日・作

再掲(一部修正)

短編小説・美しき魔性の女・最終編その2

短編小説・美しき魔性の女・最終編その2



                              短編小説・美しき魔性の女1

 
                              短編小説・美しき魔性の女2

 
                              短編小説・美しき魔性の女3

 
                              短編小説・美しき魔性の女4

 
                              短編小説・美しき魔性の女5

 
                              短編小説・美しき魔性の女6

 
                              短編小説・美しき魔性の女7

 
                              短編小説・美しき魔性の女8

 
                              短編小説・美しき魔性の女9

 
                              短編小説・美しき魔性の女10

 
                              短編小説・美しき魔性の女11

 
                              短編小説・美しき魔性の女12

 
                              短編小説・美しき魔性の女13

 
                              短編小説・美しき魔性の女・最終編その1




諏訪湖、哀愁の湖、お前は泣いているのか。
九条喜一郎は、信州、信濃の諏訪湖の湖畔に佇んでいた。
愛知県は、岩倉から大口町に流れる五条川よ。川と呼ぶには小さいけれど、清らかで、流れと共に展開する建物は、欧風のものもあり、音楽は川へと誘い、川は又、音楽を誘うものなである。
この、五条川より犬山、名古屋へと出でて、心は音楽のよう、音楽は心を移す鏡のよう。
芦ノ湖、純愛の湖、惜別の湖。涙を湖畔に沈めて立ち去ろうよ。音楽にも、リズムがあるように、湖にも音楽がある。
喜一郎がこの音楽の湖、芦ノ湖から、諏訪湖へと展開したのは、その心はどこにあったのか、安田万理子はわかっていたのであろう。
喜一郎と万理子が、上諏訪町のレストランで落ち合ったのは、科野嘉一郎先生と、秘書役の、一之瀬とあってから、半月と立っていない。
もちろん、この会談が大成功で、あったことは間違いない。
「次の会談、会食を、早急に求める」
と言った、科野嘉一郎先生の笑顔である。
喜一郎は、万理子から聞いた、秘書役の、一之瀬の、人生物語、<男のおしん物語>
に心を打たれたのである。
「テレビドラマのおしん物語より、もっと厳しい、男のおしん物語を、一之瀬さんから聞かせていただきました」
と、万理子
「男の、おしん物語、いい、いい形容だ、それも、女のおしん物語より、もっと厳しい人生物語だねえ」
「ええ、それも、この信州信濃には、ごろごろしてあるというのです」
と、万理子、後のことは又、お会いしてからと言った。
「それが信州、長野県なのか」
と、言う喜一郎。それぞれの地方、県には、歌があり音楽があり。物語があるならば。
オペラよ、オペロンよ、ワルツよ、シャンソンよ。ああ・・・ジャズだって、仲間なのかもしれない。音楽に国境はない。
<国境>だって、
「作らなくてすむものなら作りたくないのです」
と、諏訪湖の湖が、代弁しているようであった。
プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
179位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。