スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説・(大垣市)水門川4

短編小説・(大垣市)水門川4



                                   短編小説・(大垣市)水門川1

                                   短編小説・(大垣市)水門川2

                                   短編小説・(大垣市)水門川3





「好かれているんだ」
「そうねえ」
歌子は、段々顔を上向けてきた。やがて、じぃっと孝夫を見詰められるまでになっていた。
「来てよかった」
「俺もだ」
「本当はとても不安だったの」
歌子の、正直な気持ちであろう。
「不安、何で」
「悪い人だったらどうしょうかと心配していたの」
嬉しそうに微笑む歌子。ウエイトレスが席にやってきた。孝夫はコーヒーと、サンドイッチ、アイスクリームを注文した。
「これで良かったね」
了解を求める孝夫。
「充分ですわ」
うなずく歌子。食事をしながらの会話は、故郷宮城県のことや、家族のことまで広がっていったのである。
「俺の歳、知っている」
「教えてくれる」
「十九歳だ、来年二十歳(はたち)になる」
「わかいにねえ」
「若い、歌子さんは」
少し首をかしげる
「私、二十四歳、もう直ぐ二十五」
寂しそうに言うのである。
「二十四歳ね、うううーーん」
後が続かない。
「おいや」
心配そうに聞く
「お付き合い分にわね、別に悪くわない」
「お付き合いだけでなくなったら」
その言葉は、自身に語りかけているようであった。孝夫の心に届いたであろうか。歌子の小さな声、何時か来る別れの時を知っていたようである。
さて、孝夫が一人で
映画を見たのは、去年のことである。それも数ヶ月前のことである。
高等学校を卒業して、社会人になっていた孝夫である。映画といえば、日活劇場、松竹座、東宝劇場があった。いずれの劇場も、いつも満席であった。ちょうど映画の全盛期の頃であろう。
孝夫は、日曜日の昼下がりの、日活劇場で、
舟木一夫主演の、(絶唱)を見ていた。何故か、この映画を見たくて仕方がなかった孝夫である。<いとおしい山鳩は、山越えて、どこの空、名さえはかない淡雪の娘よ、なぜ死んだ、ああ小雪>。クライマックスの時に流れた主題歌は、余りにも悲しく哀愁を帯びていた。孝夫の涙を、誘わずにはいられなかった。それが青春、それがセンチメンタル、それが若さなのだ。(絶唱)レコード大賞、歌唱賞を、受賞した、大ヒット曲である。
純愛よ、清らかな愛よ、シネマで見ると、余りにも写実的である。
隣の席の、若い二人連れは、感極まってか、<ああ・・・>と、溜息をつくばかりであった。
泣かないで、もう泣かないで孝夫さん。あなたが泣くから、私まで泣いてしまったの・・・と、片方の隣席に、うら若き娘がいたら、きっとそう言うだろう。
若き日々に流す涙よ、それも、罪作りになるものになるのである。
これは、孝夫と歌子が、初めて会ったあの日から、十日は過ぎていたであろう。
歌子から、孝夫の家に電話が入った。
次の日曜日、二人は、八幡神社を超えて、興文小学校までは行かない、水門川に、柳が風に流れる様を、まるで愉しめるようなところで、落ち合ったのである。
黙って小さなベンチに腰掛けた二人。
「歌子さん、どうも」
ちょっと照れている、孝夫の姿が可愛らしい。
「今日は、どうも有り難う」
と、お礼を言った歌子。見詰めた目と目。
孝夫は、シネマの観賞を提案した。黙ってうなずく歌子。
この日の空は、どこまでも青く澄んでいた。
手を繋いで歩くほどの仲ではないから、歌子は、半歩遅れて続いた。
松竹座まで語り合うことさえ出来ない二人に、店々の賑わいは、格好の話題を提供したことは間違いない。
歌声が流れる、流れる歌声は、ラジオから流れる、橋幸夫の、凛とした歌声よ、その歌声が流れる街角は、今は、美術館と、新しいビルが建っている。
<春雨や、蓬をのばす、草の色>、松尾芭蕉、美濃の大地に降る、春雨よ、あなたは、この美濃の地に、豊かさをもたらそうとしているのですね。
杭瀬川の堤にも、蓬が、咲き誇る頃となりました。
孝夫と歌子は、降り注ぐ陽射しのなかで、散策していた。
歌子はいつの間にか、女子寮のなかでは、再年長になっていた。寮の室長をしているというのである。その中に、静香と好恵はいたのである。まだ、あどけなさの残る二人。
「妹みたいよ」
歌子は、可愛いと言うのである。静香は大分県から、好恵は鹿児島からこの町に、集団就職で働きにきていた。
歌子が語るには、彼女達は、故郷を捨てたのではないという。心は故郷に置いたまま生きているのだという。
「心、ここにあらず」
と、孝夫。歌子を始め、靜香や好恵が一生懸命働いて得た給料。その中からの、故郷への仕送りは、どんなにか、家計を助けたであろう。歌子は孝夫に語る。
「私の仕送りが、弟や妹の生活費になっているのです」歌は
それは、辛いと言って嘆いている言葉ではなかった。むしろ、歌子が、かけがえのない存在であることを、自慢しているようであった。孝夫は、そんな歌子が愛しく思えてならなかったのだ。
「苦労しているんだ」
感心する孝夫。
「あなたの為に、苦労してみたいの」
歌子の、言葉にこめた思いは、届かなかった。甘やかされて育った孝夫には、響きのないセリフのようでしかなかったのである
歌は流れる、流れる歌は、あの町、この街、あの村、あの野山にも。
<白い野バラを捧げる僕に、君の瞳が明るく笑う、美しい十代、ああ十代、、、>歌手、三田明。美しい十代、なんてすばらしい詞だ。美しい青春、美しい友情、美しい恋愛と、想像を広げていけば、どんなにか素敵なことだろう。一粒の涙を流す孝夫。この熱き思いを誰かに語らずにはいられない。語らせてくれ。語り合いたい。
しかし、よく考えてみれば、友達は、卒業してから、多くは故郷を離れて、都会や、大学に入学していった。社会人になったということが、まだよくわかっていなかった孝夫ではある。ここは、奥の細道、結びの地。松尾芭蕉。
美濃の大地は、詩歌の地でもあるようです。
スポンサーサイト

短編小説・(大垣市)水門川3

短編小説・(大垣市)水門川3



                                   短編小説・(大垣市)水門川1

                                   短編小説・(大垣市)水門川2





「どうしても」
問いかける孝夫。
「いい娘達ばかりなんだ」
「いい娘達ばかり?」
「あんたは女を泣かせるたり、困らせたりするタイプじゃないみたいだから・・・さ」
幸子さんは、年の功とでもいうのか、自信たっぷりに言うのである。
酒が回ってきたのだろうか
「俺、俺は女に泣かされるタイプなんだ」
と、シャーシャーとほざく孝夫
「おい、泣かされっぱなしだとさ。よく言ってくれるよ」
「笑わせるぜ。この野郎」
お客さん達、腹を抱えて笑ったのである
「幸子さん。頼みがいのある人みたいだね」
と、女将さんは嬉しそうである。
「この人だっていい年頃だもの。彼女の一人や二人、欲しいに決まっているよ」
言った後、幸子は女将さんの顔色を見た。
「良い弟さんだ、酒の一杯でもサービスしてやんなよ」
女将さんが答える。
「弟ねえ。嬉しいねえ。じゃ弟に一杯追加」
そう言った後、ぐいっと飲み干したのである。
街の中央に、大垣城がある。
大垣城は、美濃の要塞で、牛屋川(今の水門川)を利用して築かれた平城である。
元和二年、千六百十六年に、松平忠良が城主となった。元和六年に天守閣を改築した。
大改修が行われたのは、寛永十二年、千六百三十五年に、摂津尼崎城から移った戸田氏鉄の時で、それから明治まで子孫によって世襲されたのである。
関が原の合戦前には、石田三成率いる西軍が続々と入城して、連日、軍議が開かれたことでよく知られている。明治二年の版籍奉還で七口の門がこわされ、建物は天守閣と隅櫓だけ残ったが、それも戦災で焼失している。
現在のものは、総工費二千五百万円で、昭和三十三年五月から着工、翌年一月に完成した、復興天守閣である。水門川というのは、お城の外堀を回らす川のことをいうのである。
お城を外敵から守る為に、戦略的に作られた川のことをいうんのである。
冴え返るー三日月はさぞ寒さは冴え返る小林一茶。
あの日から幾日も経っていない、金曜日の昼時の出来事である。幸子さんから孝夫の家に電話があった。
「孝夫。女の人から電話だ」。
二兄の勇気は、そう言って孝夫を呼ぶ。
ちょうど、家族そろっての昼食の時間であった。それも女の人からの電話は、皆を相当意識さたことは間違いない。
「女の人からの電話だってさ」
と、三兄の美紀男の、冷やかす事、冷やかす事、孝夫は急ぎ受話器を取ったのである。
「じゃ、明日、そういうことで・・・よろしくね」
と、寮母の幸子は受話器を下ろした。
明くる土曜日の夕方、孝夫は約束の時間より少し早く、乗合茶房に着いた。
乗会茶房は、駅前のロータリーを越えて、左角のビルの一階にあった。当時、大垣市最大の喫茶、レストラン専門店である。岐阜バスが経営していた。
岐阜から大垣行きと、大垣から安八、輪之内の大薮、海松(みる)、海松新田をたて、平田、海津町の高須、千本松原へ行く、路線バスを運営していた会社である。
彼女は、そうまだ見ぬ彼女は、この岐阜バスに乗って、大垣市内の東端からやって来るのである。孝夫は当たりを見回して、テーブルの数を数えたりしていた。
テーブル数、二十~二十一、椅子の数、七十~七十五はあるだるうか。
「大きなあ」
ひとり言を言った。本当にその人、彼女は来るのであろうか。半信半疑のままである。
ほのかに暗い、薄明かりの照明は、ピンクの色をしている。ロマンチックで艶やかである。
孝夫の胸は、ときめいて揺れていた。
「こんにちは」
北原歌子は、ぺこりと頭を下げた。孝夫は一瞬立ち上がって
「どうも・・・」
そう言ってから着席を促したのである。美人とは言えないけれど、秘めた美しさ、平凡すぎるようでも、何処かに一途さがあるようだ。めだた無いけれども、意識すれば絶対忘れることの無い女のようである。孝夫は自分の目で評価してみる。
「本当に来るとは思わなかった」
正直な気持ち言う。
「どうしてかしら」
疑問に思う、北原歌子。
「酒の席での約束だから」
あけっぴろげな孝夫。
「まあ、お姉えさんたら」
と、歌子は少し呆れて見るせる。
「お姉えさんていうのは、幸子さん」
「そうよ、幸子お姉えさんよ」
少し笑みがこぼれてきた。

歌詞・君は美しき人

歌詞・君は美しき人

ああ、君は美しき人
月日をかさね、美しき人

悲しみの、眼から、あなたをみても
何もみえない
憎しみの、眼から、あなたをみても
何も見えない
哀れみの、眼から、あなたをみても
何も見えない
溢れる涙、多いほど
ああ、君は、君は美しい

ただ、思い出を、追いながら
そう、面影を、浮かべたら
溢れる涙、語るよう
ああ、君は美しき人

ただ、思い出を、追いながら
そう、面影を、浮かべたら
幸せだった、日々でした
ああ、君は美しき人
ラララ・・・・・

短編小説・(大垣市)水門川2

短編小説・(大垣市)水門川2



                                   短編小説・(大垣市)水門川1

 



追いかけても追いかけても、掴むことができない希望。
故郷の川には、存在していたのである。川を越えて直ぐの、十字路の一角に、ここに孝夫の店がある。程なく三叉路を左折すると、養老公園まで、走り抜けて行くことができる。
高田の駅を左手に見て、中心街を過ぎると、段々と勾配が強くなる。そこで右折して坂道に入るのである。養老の滝まで、車で行ける所まで行けばいい。きっと、駐車場があるはずだ。後は、徒歩で登って行くのが、通例となっている。
古より、近代に至るまで、伝説に生きた滝である。地元では、孝子の滝と言って、親しまれている。孝夫が学んだ小学校にも、柴(しば)を背負って書物を読んでいる、孝子の石碑が立つている。三人は、時には細く曲がりくねった、時には急坂を、時には迫りくる岩肌の道を、息を切らせて歩いて行く。出店があちらこちらに見受けられる。
出店では、瓢箪と孝子の酒が売られている。瓢箪といえば、あの豊臣秀吉が愛したものなのである。出店は、滝元まで続いているという。長い長い坂道の果てから滝の音が聞えてくる。道中、孝夫は思索を続けていた。五人兄弟の、貧しい家に引き取られて、育てられた孝夫。姉妹という者を知らない。
若しかしたら、妹って、、、、こんな存在なんだろうか・?。分らない存在ではある。
「こんなんって、妹みたいと言うんだろうか」
孝夫は問いかける。
「妹、、、、妹じゃないもんね」
二人は一緒になってこたえる。
「じゃ、何だ」
問い掛ける孝夫。
「ボーイフレンドかな?」
静香が答える。
「違うよ、お兄いちゃんだよ」
好恵が言う。
「やっぱり、お兄いちゃんだ」
静香も続く。
「そうか 、お兄いちゃんか」
うれしそうに答たえる孝夫。涼しげな水の音止む処、轟音と共に、水は落下していた。
水飛沫を上げて、流れ落ちる様子は、見事という他にはない。三人は靴を脱いで、水溜りに足を入れ遊んだ。
「冷たい」
「冷たいね」
時には、手で水を掬って投げかける二人
一緒になって騒いでいる観光客の姿もあったのである。

「危ないよ」
と、孝夫は言う。その瞳は微笑んでいた。
「うーん、うーん」
と、静香と好恵」
「そこから先は又、水が流れ落ちていくからねえ」
注意を促すのである。
時代は、昭和四十三年頃。初秋とはいっても、九月の始まり。大木は、山々を覆いかぶせ
、太陽の光を遮っていた。嗚呼、故郷の山河は、乙女達にとっても、思い出の地になっていったのであろうか?
話は少し前に戻ることになる。
大垣、お前は、何という不可解な市町なのだ。
市街の人と、こちらの人(旧、不破郡)と、都会から住み着いた人、そして、遠く故郷を離れて、働きに来た青少年たちと、そこには明確な一線が引かれている。
格式と、豊かさと貧しさ・羨望と軽蔑が織り成す人生模様は多彩である。
駅から少し歩いて道路の東側、新大橋沿いに、屋台が十二―三台、店を並べている。夜ともなれば、馴染みの客が、コップ酒や、熱燗を求めて、三々五々集って来るのである。
水門川」に写る街の灯よ、お前は人を恋しがるのかい。それとも、酒を恋しいがるのかい。
それぞれの屋台では、三―四人は入っていたであろう。
「ごめんよ」
と、孝夫は暖簾をくぐった。
「おや、いらっしい。これは見知らぬ人ですこと」
女将さんは答える。
「熱燗一杯、酒の肴はスルメでいいよ」
孝夫は、本当に陽気なやつである。
「皆んな、席を作ってあげなよ。ホラホラ」
女将さんが、場を執りなす。客人達は、孝夫を中央に座らせてやったのである。
「あんた、酒は好きなのかい」
小母さんが声を掛けてきた。この人の名は、幸子と言うのである。
「いや、気分、大人の気分を味わいたいだけ」
あっけんカランと言う孝夫。一気に飲み干すのである。
「もう一杯」
「大丈夫かい」
心配そうな女将さんの顔。
「ねえ、あんたを見込んで、頼みたいことがある」
幸子さんが話しだす。幸子さんは、もう四十も半ばだと言う。紡績工場で、住み込みの寮母をしていると言う。
「うちの娘達ったら、ボーイフレンドもよう作られなくて、寂しいもんだよ」
「それで」
「だから、、、さ、、、あんたがボーイフレンドになっておくれというこなんだ」
幸子さんは、頭を下げた。。

短編小説・(大垣市)水門川1

短編小説・(大垣市)水門川1

(この小説は、登場人物名、地名など変えてある場面などありますが、ぼぼ、筆者自身の、青春時代を、そのままに書いてあります)
こんなにも、心温まる言葉があるだろうか、
「お兄いちゃん」
、と、親しげに呼ばれては、誰だって一瞬、返す言葉を失ってしまうだろう。


孝夫、十九歳、青春の一ページを飾る日々が続いていた。
二人の乙女達は、静香と好恵、十六歳である。まだ、中学校を卒業して、一年しか経つていない。二人は、レトロな色彩の表情を表す、大垣駅の入り口付近で、孝夫の来るのを待っていた。日曜日の駅は、相当混雑していた。約束の時間より三十分も早く来ていた二人、その心中は、察して余りあるものがあった。
孝夫はというと約束の時間より、十分早く着いたようである。孝夫は兄から借りた車で迎えに来たのである。彼の姿を見つけては、人目を憚ることなく
「お兄いちゃんだ」
と、叫んだのである。孝夫は戸惑ったけれど
「お兄いちゃんがきたよ」
と、微笑み返したのである。
「お兄いちゃん有り難う」
静香はいう。
「本当に、遊びに連れて行っいてくれるのね」
好恵の、甘えたような仕草が、心地よい。
「さあ、約束どうり、ドライブに行こうぜ」
「ねえ、何処え連れて行ってくれるの」
二人は、はしゃぎだした。孝夫は、ついつられて
「任せろ、いい行楽地に連れて行ってやるさ」
三人は、駐車場に止めておいた車に乗りこんだ。
「お兄いちゃんか、いい言葉だな」
悦に入るはいる孝夫。車はロータリーを旋回して、南へ向かう。市の中心街を、ほんの少し走り抜けると、どん詰まりあたる。眼前にある、ガス会社の前を右折して、し
ばらく走ると、杭瀬川に架かる塩田橋を越えることができる。この、杭瀬川が、旧市街と元は不破郡に属した、新市街の境目なのである。
杭瀬川といえば、多くのホタルが見受けられた。町街の人も、こちらの人も、どんな思いで見詰めたのであろうか。
儚かなきはホタルの命よ、哀れなほどに光りて、幼い頃の孝夫は、涙を流さずにはいられなかった。(静香と好恵は、故郷の中学を卒業して、直ぐに、この大垣に働き来ていた。この大垣は、中学を卒業して働きに来ている娘が、多い市であった。

詩・無言の叫び

詩・無言の叫び

ああ、言葉にならない
自らの、心の奥底に、沈めた自責の念よ
ああ、少しは、世のため人の為に成って来たのだろうか
そう、自身に問い掛けているのだ
言葉にならない
叫びよ
だったら、言って欲しいと望むからだ
此れからでも遅くない
そう、答えてくれたら
それが、私に、希望を与えることになるだろう
人生に、遅すぎるということはないのだから
人生は、日々、新たなり
平成二十六年三月一日朝・作

短編小説・美しき魔性の女・最終編その1

短編小説・美しき魔性の女・最終編その1



                              短編小説・美しき魔性の女1

 
                              短編小説・美しき魔性の女2

 
                              短編小説・美しき魔性の女3

 
                              短編小説・美しき魔性の女4

 
                              短編小説・美しき魔性の女5

 
                              短編小説・美しき魔性の女6

 
                              短編小説・美しき魔性の女7

 
                              短編小説・美しき魔性の女8

 
                              短編小説・美しき魔性の女9

 
                              短編小説・美しき魔性の女10

 
                              短編小説・美しき魔性の女11

 
                              短編小説・美しき魔性の女12

 
                              短編小説・美しき魔性の女12




安田万理子が、科野嘉一郎と会ったのは、
名古屋駅前の、きし麺の栄亭であった。
当代随一を誇る、きし麺料理の美味いといわれている、その栄亭で、対話は始まったのである。重要案件は、食事をしながらというのは、喜一郎仕込の、戦略なのだ。
「科野様、この人は」
と万理子。
「ああ、、、この男、俺の書生みたいなものだ。一之瀬と言って、秘書みたいに利用しているのだ」
と、嘉一郎は言う。
「一之瀬さん、安田万里子と言いいます。よろしくお願いします」
と、万理子。深々と頭を下げた。
「一之瀬は、飯山方面では、名前の通った名家でねえ。此れでも、山持ち、土地持ち、畑持ちなんだ」
と、嘉一郎。

「先生」
「まあ、俺は、連山を連られたるがごとく、田舎に田舎を並べたるが如くの、山持ち、土地持ち、、、まあ、そんなところなんだ」
と、嘉一郎。説明できない広大さがそこにはあった」
「先生、本題にはいられては」
と、一之瀬。身を乗り出す。
「困ったところのあるやでな。頭の切れる割には、器が小さい」
「先生、それは、ちょつと、可哀そう」
と、万理子。一之瀬の顔色を見る。
「うーん。俺はなあ。長い付き合いにしても良いなあ、、、、うん、そう思ったんだ」
と、嘉一郎。万理子をまじまじと見つめる。
「先生、何を言ったか、解かりますか」
と、一之瀬。清原理事長の後継者に、まさか。頭を過ぎった。
「先生」
「長い付き合い、それも良いかもしれませんねえ」
と、嘉一郎。人物を見る目のある彼である。自身と万理子とのツーショツトに、新たな将来が開ける気がしたのであろう。
「先生、宜しくお願いします」
万理子は、深かぶかと頭を下げた

(続く)
プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
7789位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
174位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。