スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然なるままに

徒然なるままに

思い出は、駆け足でやってくる。
それも、ある日突然に・・・。
川瀬のお婆ちゃんから、突然の電話。
川瀬のお婆ちゃんは、八~九年前頃まで、私の仕事場に来て働いてくれたお婆ちぁんなんです。
雑用係なんですけれど、頑張って下さった方なんです。
すごく高齢でしたけれど、家に閉じこもるより外で働いた方が健康にいいからと、働きに来て下さったのです。
その川瀬のお婆ちゃんが、今度、しばらく、リハビリを兼ねて入っていた介護施設、その施設から自宅に帰るとのことです。
自宅に帰ったら、刺繍とか縫い物をしたいというのです。
「もしもし、林さんですか」
「わたし」
「川瀬のお婆ちゃんでしょ?」
「えー、どうしてわかったの」
「川瀬のお婆ちゃんのこと、忘れたことありませんよ」
「あら、そう」
お婆ちゃんから頼まれた通りの机と椅子を手配して届けたのである。
玄関を開ける。
「川瀬のお婆ちゃん」
と気さくに声を掛ける。
そこには、同じ年くらいのお婆ちぁんがいた。三人での会話に花が咲く。
「この人はねえ、君は心の妻だから・・・をこっそり隠れて歌っているの」
と川瀬のお婆ちゃん。
「あら本当?」
「そう、愛しながらも、定めに負けて、妻と別れたんだって」
と川瀬のお婆ちゃん。
「定めに負けたの?」
「そう、定めに負けたんだって。そこの節にくると涙ぐんでいるのよ」
「まあ、悲しい」
私は立った。
愛しながらも定めに負けて、別れたけれど心は一つ、君の・・・と私は最後まで歌った。
川瀬のお婆ちゃんのことだから、これ位サービスしなくては、と思ったのである。
「上手くはないけど、何時聞いても心に響くものがあるねえ」
「出た、川瀬のお婆ちゃんのそのセリフ」
と私。
「今でも、心の妻が良いの?」
と二人。
「そう、歌はやっぱり、君は心の妻がいいのです」
と私。
「二人に、そんな時代があったのねえ」
と川瀬のお婆ちゃん。
そう、そんな思い出も良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き9

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き9


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き1


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き2


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き3


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き4


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き5


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き6


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き7


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き8



それから、少し日々は流れて、左大臣様が腕を組む日々は続いた。
何故、腕を組むかって?
それ自体が分からなくなっている。
悩みが深すぎると言う事なのか。
「魔性の女」
と呟く。
「あーら、私の事かしら?」
とカナダ国の太政官、ホワイト夫人。
「いやいや、これは独り言で」
と言って謝る。
「何か、悩みでも?」
とホワイト夫人。
「ベートーベンの様な、偉大な作曲家には及びませんが、少しは平和と、文化の繁栄を願う心はあるのです」
と左大臣様。
「と言う事は、ベートーベンの曲には、民族と国家の反映、そして平和への願いが込められていると言う事ですね」
とホワイト夫人。
「全てがそうなのでしょう」。
「すべてが?」
「だから、第九は、権力の魔性に魅入られてしまうのでしょうね」
「第九は、魔性を呼び込む曲と言う事ですね」
「だからこそ、べートーベンは、偉大な作曲家であり、最も悲劇的であったと言わざるをえない」
「そうですわ。私も彼の曲の全てに惚れ込んでいるのですが、その悲劇性に、かえって、魅入られてしまうのです」
とホワイト夫人。
彼女は、名ピアニスト言われている。
トントン、ドアをノックする音。
山路の局が入ってくる。
「あら、何か良い話をしているみたいですね」
と山路の局。
「そう、森と湖の国から来た、白い妖精」
と左大臣様。
「その心は?」
と山路の局。
「清純にして、そう一途」
と左大臣様。
「ありがとう」
とホワイト夫人。
「話しの内容は?」
と山路の局。
「カナダ国に、大歌劇『オペラ』場を作る話をしていたのだ」
と左大臣様。
「いえ、私はそんな、無理な話は」
と控えめに言うホワイト夫人。
「その数は?」
と二人の仲を詮索する山路の局。
「二桁」
と左大臣様。
「良いのですか?」
とホワイト夫人。
「良いではないか、カナダこそ、世界市民にとって、文化と、ミュージックの心の故郷、文化とミュージックを愛する者なら一度は訪れたい国ではある」
と左大臣様。
「まあ、嬉しい言葉であります。作曲家であれば、誰でも一度はベートーベンの第九に挑戦すると言うものです」
とホワイト夫人。
「第九は高いハードルだったようですねえ」
と山路の局。
「交響曲第九は、死の臭いがすると言う、そんなジンクスもあったようですが」
と左大臣様。
「それは、べートーベンの曲が、全て反戦、平和で貫かれている魔性を秘めている名曲だったからだと思います。反軍、反ナポレオン、反戦、わが祖国ドイツの永遠の繁栄。それが全てです」
とホワイト夫人。
「楽聖といわれる所以ですね」
山路の局。
「私は、音楽家や、作曲家を尊敬します。奥底には平和主義と、祖国の永遠の繁栄を願う情熱があるからです」
と左大臣様。
「それが、世界中の人々に愛される元になっているのでしょうね」
とホワイト夫人。

文芸誌 『純情』 完成

以前よりお知らせしておりました、
文芸誌『純情』が完成致しました。


純情

内容は、

・俳句七選
・和歌十五選
・詩二編
・随筆一編
・短編小説二編

となっております。

総ページ数98ページ、A5判となっております。

定価は680円です。

近日中に、ネット販売できるように、
メールフォームをご用意したいと思います。

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き8

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き8


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き1


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き2


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き3


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き4


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き5


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き6


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き7



三日後、富山の局は、秘書役を務める高級女官と共に、本部前のエアポートから、ロシア国のモスクワへと旅立って行った。
ロシアより愛を込めて、どんな情報がもたらされるのであろうか。
この頃、左大臣様は、数人の人と、映画を楽しんでいた。二世紀前の二十世紀最高の名作「シャレード」。主演、オードリー・へプバーン、ケーリー・グランド。監督、スタンリー・ドーネン。ケーリーグランド、イギリス国に生まれ、アメリカ国に渡り、ブロードウェーでデビュー。その後、ハリウッドに転じ、二枚目スターとなって成功した。
女優のヘプバーン。『永遠の恋人』として、世界中の男性を歓喜させた、知と美貌を兼ねそなえた名優中の名優なのである。
「ご先祖様が、我が永遠の恋人と言って、夢の中でもうなされた人だからねえ」
と左大臣様。
「お宅のご先祖様は、まるで永遠ばかりじゃないですか」
と映写係り。
「そうだねえ。永遠の恋人、永遠のロマンス、永遠の処女と、永遠ばかりだったからねえ」
とご先祖様を懐かしむのである。
ふと、今頃、富山の局はどんな手柄をもたらして帰ってきてくれるのであろうか、と脳裏をよぎるのである。
偉大なる作曲家チャイコフスキーがこよなく愛したロシア。彼が言う所の激情とノスタルジー『郷愁、故郷を思う、切ないまでの哀愁』。
彼にとって、ロシアの繁栄が永遠続く事を願い、国民に、優れたミュージックを提供する事が、彼のロマンと理解するならば、
「チャイコフスキーの前にチャイコフスキーはなし、チャイコフスキの後にもチャイコフスキーはなし」、
と呟く。
「そればっかりですねえ。あの太政官の影響ですか?」
別の高級女官。
「まあな、少しは勉強する時間をあたえて頂いたから」
と左大臣様。
「いいえ、どういたしまして」
と彼女。本当に楽しい映写会であった。

それから、三日後の事。
モスクワに滞在している富山の局から、左大臣様の下にある情報がもたらされたのである。
それは、『芸術と文化の超大国、ロシア』、そのロシアが大地球連合の支援を受けて、大歌劇(オペラ)場の建設に乗り出すと言うのである。インターネットでのやり取りを書いてみよう。

「数は?」
と左大臣様。
「二百です」
と富山の局。
「信じられない。多い」
と左大臣様。
「何事にも、スケールの大きいロシアですから」
と富山の局。
「それで、狙いは?」
「覇権です」
と富山の局。
「ミュージックに、覇権主義はあるのか?」
と左大臣様。
「ある事にしましょう」
「分かった。それで覇権はどこを向いているのか」
「オペラです。西洋にない、東方のオペラです」
と富山の局。
「それは新しいオペラと捉えてもいいな?」
「はい、そうだと思います」
「新しい、良いではないか」
と左大臣様。
「でも、新しいオペラを確立して独占しようという、策動の人も居るようです」
「遺憾だ。独占は、ミュージックの心に反する」
「大地球連合の精神にもね」
と富山の局。
「どうしても、ロシア東方太政官に会わねばなるまい」
「狙いは?」
「彼と手を繋いで、ミュージックの発展に貢献したいからだ」
「パートナーシップですか?」
「そうだ」
「では、大至急」
こんなやりとりが、なされたのである。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

和製吟遊詩・愛は悲しみを越えて

和製吟遊詩・愛は悲しみを越えて

君よ、未来を信じて、日々を生きよ
悲しみが、深すぎるほど
燦燦と、降りそそぐ陽射しの、暖かさを知るだろう
愛、それはロマン
愛、それは希望
愛、それは勇気
全てを包む、愛の豊かさ
君よ、旅立て、悲しみを、押し返す為にも
君よ、旅立て、未来を信じて
愛の、豊かさと、
愛の、深さを知る為にも


解説)詩友、吟友と共に、自作の詩歌を朗読、吟唱することは、今、悲しみの渦中にある人の励みになると思います。詩歌は言葉の宝庫。会話の海へ、吟唱の海へ、船出して行く事は、それも使命なのでしょうね。東北の地で活躍する、詩歌人の皆様は、二十一世紀が作り出した、吟遊詩人と言っても良いのではないでしょうか。

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き7

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き7


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き1


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き2


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き3


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き4


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き5


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き6



大地球連合では、過日の教育会議を最初として多彩な会議が持たれる様になってきた。
左大臣様に、
「ロシアより愛を込めて、メッセージが届きました」
と高級女官。
「君の気持ちは良く理解できるけれども、インターネットで流した方が早いんじゃないの」
と左大臣様。
「でも、左大臣様の顔を見たくて」
と高級女官。
彼女は、最近、シャンソンの太政官に振られて、次の相手は、そう左大臣様だと、専らな噂になっているのである。
「左大臣様、また来ます」
と言って引下って行った。
近くに居た富山の局は、
「何よ、あの人」
と敵対心丸出しに言う。
「まま」
と押さえに掛かる。
「それで、メッセージの内容は?」
と富山の局。

ロシア東方太政官より。

「なあ、富山の局」
と左大臣様。
「はい、何でしょうか」
と答える。
「一度、その何とかの、ロシアより愛を込めて、とユーモアを交えたメッセージを送ってくる彼?」。
「ロシア東方太政官ですか」
「そう、その彼に会ってみようと思う」
「どうして」
と富山の局。
「百聞は一見にしかずという、古いことわざもある。ブルーレイの映像からは、どうしても、人柄とか、本心が見えてこないんだ」
と左大臣様。
「はあ、なるほど。でも、どうして、また、急に」
と富山の局。
「これを見てくれ」
と古い文献を差し出すのである。
「これが?」
「その中に、ロシアには百四十の民族がいると書いてある」
「それで?」
「今、大地球連合は、二百を越える国からなっている」
「そうですは」
「一つにまとめると言う事は大変な事なんだ」
「お察しします」
「ロシアの持つ、スケールの大きさ、度量の大きさ。それはどこから来ているか、知りたいものだ」
と左大臣様。
「では、左大臣様が会えるように手配を」
と富山の局。
「待て待て、ここは局と先の高級女官に、先発として行ってもらおう」
「どうして?」
「ジャパンは、忍者を作った国だからなあ」
「左大臣様も、ユーモアの好きな人です事」
「合言葉は、プーシキンか、チヤコフスキーがいいな。いや東方のオペラでも悪くないな?」
「どれがいいの?」
「それも調べてくるのが、役目なんだ」
と左大臣様。
「ご先祖様が尊敬していた」
と左大臣様。
「誰ですかその人は?」
「エカテリーナニ世。プロシア貴族の末裔」
「貴族の好きな左大臣様です事」
「彼女は、ユダヤ人も認めて、大切にした」
「それで、ご先祖様は、エカテリーナニ世の美貌に?それとも人柄に?」
「どちらかは、よく分からない」
「どうせ、美貌でしょ」
「嫌味だね」
「だって、あの大嫌いな高級女官と行けと決めてしまうんですから」
怒って退出したのである。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

もう君を悲しませたくないから

もう君を悲しませたくないから

もう君を悲しませたくないから、
どこへも行くな、行かないでと言った。
長い苦しみの日々と、辛い現実の悲しみの中で、
君は、負けなかった。
私は、負けていたような弱さを感じている。
君よ。
友よ。
あなたは、故郷に、太地に根を張って生きよ。
そして、愛しいあなたは、
私の、身近な所に、いて欲しい
もう君を悲しませたくないから、
二人、故郷の、大地で生きて行こう。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き6

未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き6


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き1


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き2


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き3


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き4


                                未来短編小説・左大臣様はミュージックがお好き5


とある日のこと。
場所はと言えば、本部の別館。
この別館は、宮殿様式で、総ガラス張りの科学の粋を集めた、耐震性と、倍旧の強度を持っているのである。
流れるような形状は、まるで大滝が落差を持つて落ちて行く様を思わせる。
富山の局は、会議が開かれるまでの少しの間、詩を口ずさんでいた。
南米チリの女流詩人、カブリエラ・ミストラルの「ばらあと」。
さあ、歌おう。詩は歌うもの。歌は語るものだから。

『あの方が、他の人と、行くのを見た。風はいつもあまく、道はいつも静か。あの方の行くのを見た。この、あわれな目よ。花園を行き、あの方は、その人を愛した。渚近く、あの方は、その人に接吻した。』
(角川書店、世界の詩集十二。世界女流名詩集より)

一九四五年度のノーベル賞を受けた、作品の一部ではあるが、終生を独身で通した女史の詩には、宗教があり、自然があり、母性があった。
富山の局は、知性の中に隠された悲劇に惹かれるものがあった。
まるでそれは、オペラであり、歌であり、歌曲であり、詩であり、そして、それが人生なんだと思うのである。
カブリエル・ミストラルに惹かれる富山の局も、少し似たような人生を生きて来たのかもしれない。
二十二世紀は、作曲家は高い評価を受けるけれども、詩人もまた、高い評価を受けるものなのである。
そして、これから始まる会議。教育会議での教育者も、高い評価を受ける時代なのである。
さあ、飛び出そう。知恵と知識に溢れているあなたよ。二十に世紀は君を求めているのだ。
さあ、未来に希望を持って歩き出そう。希望は、君を見捨てたりはしない。君が、希望を見捨てるだけだから。

会議の開催のチャイムは鳴った。
さて、その会議と言うのは、二十二世紀の教育のあるべき姿を求めて、議論する、あるいは対決する、とても重要な会議である。
議長を務める、エジプト国のクレオパトラ女史、太政官は、勢い余って立ち上がった。
会議は円卓方式で、傍聴はオープンで、資格はフリーである。
「今、此処で、教育問題について、議論しておかなければ、後々に、大きな後悔を残すことになると思います。それほど、教育の重要性と、教育の中立性は、先人が残した大切な遺産として、受け継いで行かなければならないと思うからです」
と開会の挨拶を語る、クレオパトラ女史であった。
「教育の質的レベルアップは、緊急の問題になってきました」
と黄河の太政官。
「教育は国と国、宗教と宗教、文化と文化を繋ぐ、虹の架け橋に成れるのでしょうか」
と富山の局。
左大臣様の代理としてはこんな所でしょうか。
「虹の架け橋?あまりにも漠然としています。もっと具体的に」
とジャズの太政官。
「教育の質的レベルアップを、もっと数字を挙げて、具体的に一つ一つ討論しない限り、各国の平準化は、進むとは思えない」
とネルソン夫人。
「先人の、血の滲むような努力と、熱意によって、ようやく二十一世紀の後半には、世界は小学校(ロースクール)の義務教育が、全ての国で行われるまでになりました」
とクレオパトラ女史。
「それでは、今世紀はどこまでハードルを上げるか、具体的に目標を決めたいと思います」
と黄河の太政官。
黄河の流れはまるで『知恵の中国・教育の大国〛にと流れを加速化して行くとでも、語っているのであろうか。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

文芸誌 『純情』 サンプル完成

文芸誌 『純情』 サンプル完成

以前、お知らせしました、白浜砂夫の文芸誌 『純情』 のサンプル本が出来上がりました。
010diary-20302-3.jpg
あと少し、最終調整をして、発刊と言う事になります。
定価600円です。
完成しましたら、また、この場で、お知らせしたいと思います。
内容は、俳句・和歌・詩・随筆・短編小説になっております。
渾身の力作ですので、ご期待下さい。
プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2673位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
69位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。