スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

随筆・悲しみのアリア・旅情を詠う

随筆・悲しみのアリア・旅情を詠う

我が心の故郷よ。
お前は、何処に行ってしまったのだ。
心の故郷を見失しなった者の人生は、大黒柱の無い家屋のようなもので、あまりにも頼り無げである。
詠え、悲しみのアリアを、悲しみのアリアを、人生の賛歌に乗せて。
生きるとは何んなのかを見失しなっていた、そんな時代だった。
私は、意を決めて、東北の果て、福島へと旅立った。
何の為に。
豊かさを失った福島に、せめて観光で、文学で、少しは役に立ちたかったからである。
この、ペン一本に懸けるのだ。
彼の地の良さをこの目で見、又、発見するのだ。
猪苗代町、それは、ゴーストタウンだった。
町は死んでしまったのか。
それが、延べ二日間に渡る、見学の感想だった。
車をゆっくりと走らせて、裏猪苗代へと展開してゆく。
泣くな、安達太良連山よ。
お前は男の山だろう。
男の山が泣いてどうする。
見晴らしの良い処より、やがて車は坂道をゆっくりと上って行く。
こんな所に食堂が。
私は入ってみる気になった。
「おばちゃん。ラーメン」
「ハイ、おおきに」
「どう、儲かってる?」
「まだ、あんた一人」
聞いて、絶舌しそうになった。
550円のラーメン、私一人?
そんな日が続くの?
「おばちゃん」
後の言葉が続かない。
おばちゃんは、寂しそうな笑いを見せて、
「あんた、かきたま、二つばかり油で揚げるよ。サービス。食べる?」
「うーん、大赤字なのに」
「いいんだ、いいんだ」
「ありがとう、何時か、訪ねて来る時を持てたなら」
「ああ」
流離は悲しからずや。
旅路の果てに巡り会う人々よ。
巡りあう人びとが、旅情に華をそえるのである。
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

随筆・カレーライスの味

随筆・カレーライスの味

もう幾歳月を重ねてきたであろう。
この年齢になると、一日一日を生きることが大変で、青年時代のように、末来に希望を持って生きるということは、まず無いと言ってもいいだろう。
それでも、幽かに灯る明かりのように、灯が案内する、人生の道、生きるということ、生き抜くということの本質が見えてくる。
生き抜くということは、大変なことで、苦労も、苦難、苦闘もあろう。
嵐の吹くなかを、生きていかなければならない時もある。
だからといって嘆くことはない。
その人が、苦難と嵐のなかで、難局を突破してきた実力を見てあげなければならないと思う。
知識ではない、知恵を働かせ、時には忍耐で時の来るのを待つ。
時節が来たならば、一気に、たたみかけるよう、打ってでなければ、勝てないものなのである。
人生は勝つ為にある。
勝ったと言える人は、きっと、我が人生は幸福であったと言うであろう。
それで良いと思う。
苦労を楽しみながら、苦難と嵐の時代を乗り越えて行こうよ。
人生を明るく、楽観的に生きた人と、人生を悲観的に、投げやり生きた人とは、結果は、数倍の開きが出ると、語る人もいるが、正解だと思えてならない。
濃飛の大地は、緑なす大地なり。
私の活躍を待っていますと、言っているようである。
そこまで言ってくれるのならと、答えながら、心は青年のように、行動も青年のように、この広い濃飛の大地を、駈け回ろうではないか。
子供の頃、近所のおばちゃんが作ってくれるカレーライスが、美味で大好きだった。
「今日は、カレーライスにするからね」
と言われたぶんには、あの粉のオリエンタルカレーを求めて、小学校の前にあるおばちゃんの家に走ったものである。
そこには、馴染みなった、あの子も来ていた。
濃飛の大地は、水どころ、米どころ。
畑には、トウモロコシや、黄瓜、西瓜、トマト、キウリイチジク等、食べるものには事欠かない。
私の少年時代。
顔を泥まみれにして、緑の大地を駈け回り、カレーライスが食べたいと、大騒ぎする私がいた。
さて、昨日今日の私はというと、あの頃のカレーライスが食べたいと渇望してやまないのである。
あの頃のカレーライスをたらふく食べるまでは、強く明るく、朗らかに生き抜きたいと思うのです。
やっぱり、あの頃のカレーライスでないと、生きているという気がしません。


平成28年8月30日・深夜作
我が心の故郷を訪ねて

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

随筆・憧れの軽井沢

ああ、軽井沢、お前は序曲の似合う町
平成二十三年十月二十二日土曜日・作
を、修正再掲載させていただきました。


憧れの軽井沢、スターを作り出す町よ。
私の瞼に浮かんでくるのは、テニスコートの並ぶ町。
テニスのラケットを小脇にかかえて、散歩している若い二人連れ。
二人はあまりにも煌めいてみえる。
それだって、歌劇を見ているように、スターが夫々の美を競っている、そんな町なんだと思えてならない。
洒落た喫茶店には、ちょっと控えめだけど、抜群にセンスのいい、軽井沢夫人がいるものである。
それは、抒情詩の町というよりは、叙事詩の町というべきである。
山間の町に、静寂と、ロマンスが、まるで、クロスしたように、光彩を放っているのが、不思議でならない。
曲に例えるならば、エチュード(練習曲)よりは、序曲の似合う町。
常にロマンスはここからはじまっている。
私は旅人。
ただの旅人、行ずりの人。
そんな私だけど、実父と生母の面影が浮かんでくる。
若しかしたら二人は、この町でテニスをしたこともあるのでは、ないだろうか。
「お母さん(生母)」と叫べども、、生母(はは)恋しいと泣く鳥は、私一人のようである。
ああ、叶うものなら、軽井沢紳士になって、一度はテニスをしてみたいものです。
軽井沢、ああ、お前は、序曲の似合う町。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

随筆・『元学級委員長は幸せ者なんです』の巻

この美しき緑豊かな、それでいて清き水溢れ出ずる美濃の大地、その一角、大垣。
それもまた小学校がすぐ近くにある店に、引っ越してきました。
小学校、うーん、学級委員長をしてきた俺だから?
いや、もしかしたら先生に、学者に憧れ、学問をするなら東京だ・・・と思っていた青春時代を生きた、そんな俺だから、学校とか教育に関係する近くに住む事になったんだ・・・そう自答しているのである。
今日、六月二十六日、朝。
折から降り出した小雨に、天を仰ぎ、
「うーむ、俺は、大学者になりたい、なれるものなら、なれるはずはない、でも、なれるもなら・・・」
仰ぎ見る空に、語り続ける。
小学校に登校していく生徒の列が断続的に続く。
降り続く小雨の中、傘を差しながら登校する生徒たちも、ボランテアで立っている交通整理の小父さんたちも、大変だなと思う。
先頭を歩く一番長身の女の子、女子の学級委員長だろう。
うん、頼もしい。
次に続いて先頭を歩く、凛凛しくて男前の生徒。
こちらは男子の学級委員長だろう。
どうして分かるかって?
そう、俺なんて、男前に男前を重ねた様な学級委員長だったからだ。
学級委員長って大変なんだ。
誰よりも多く真っ先に立たされ、叱責されるのは学級委員長。
それが愛のムチだと分かるのは年齢を重ねてから。
生徒の列に、頑張ってねと無言のエールを送るのである。
長たるものは先導者であらねばならぬと、人としては公平であらねばならぬとは、経験で学んだ事だ。
元クラスメイトに会う時も、いつも俺は学級委員長だった。
「お前は良くやってるね。昔もそうだけど、いや、昔以上に良く頑張っている」
「そう思ってくれて、ありがとうよ」
「そうだよ、そこがお前の良い所なんだ」
と、ワンパターンの様な言葉のやりとり。
元学級委員長と言う立場は、最初に友の活躍している、頑張っている姿を、
「頑張っているね」
「良くやっているね」
と、誉めてやれるもの。
それが、元学級委員長の特権だと思っている。
小さな学級委員長たちよ、負けないで、逃げないで。
大変だけど、良かったと思える日が来るのは俺が保証するから。

テーマ : あれこれ
ジャンル : 学問・文化・芸術

随筆・憂愁の港

滋賀県・長浜市、琵琶湖
平成十四年、八月下旬

朝妻の灯台に、貴女は一人立つていた。
何を憂い、何を嘆き、何を思索し、
貴女は、湖水を見詰め続けるいるのですか。
私はと言えば、遠く岸辺から、貴女を眺めているだけ。
貴女も旅人なのでしょうか。?
慰め言葉は有っても届きはしないだろう。
私には、貴女さえも、遠い存在に映って仕方がないのです。
滋賀の湖「うみ」の灯台に、一人寂しく佇む女「ひと」は、
どうして、悲しく憂愁を呼ぶのでしょうか。
古「いにしえ」に名こそ残せし、朝妻の港。
あの女「ひと」を忘れられない、私の人生に何処か似ている。
貴女も、流離人なのでしょうか?

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

白浜 砂夫

Author:白浜 砂夫
どうも ”しらはますなお” です。

岐阜県大垣市在住
昭和24年1月11日生まれ
67歳
B型

好きな歌人は、女性では与謝野晶子、男性では、島崎藤村、石川啄木です。詩や和歌や小説を書き始めて20年あまりになります。鹿鳴館を舞台にした小説を書いております。63歳にして一念発起してパソコンを始めました。ブログにも初挑戦です。

最新出版物
白浜砂夫の電子書籍




ランキング
投票お願いします。
にほんブログ村 ポエムブログへ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログ王

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2673位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
69位
アクセスランキングを見る>>
砂夫ちゃんカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。